インタラクティブホワイトボード(サンワサプライ)

プロジェクターで映した画面に、書き込みができるペン。

会議やセミナー、イベントなどで、資料や図、イラストを画面に移す出すためのものがプロジェクターです。

プロジェクターによって画面に映し出されたものに対して、一定の箇所を指したいときには、指示棒やポインターを使うことになります。

ただし、これは、単に該当箇所を指すだけで、何かを書き加えたりすることは、もちろんできません。

もし、重要なポイントなどを、画面に直接書き込みすることができれば、聞いている側にも分かりやすくなることは間違いありません。

そこで今回は、プロジェクターを使って映し出した画面に、直接書き込みができるペン、をご紹介します。プロジェクターを買い替えずに済むのが大きなメリットです。

プロジェクターで映し出された画面に、直接書き込みができる、ペンとセンサーのキット。

プロジェクターを使って映し出した画面に、直接書き込みできるようになるのが、インタラクティブホワイトボード。サンワサプライから発売されています。

このインタラクティブホワイトボード、一番の特徴は、プロジェクターを買い替えることなく、現在使用中のプロジェクターを買い替えることのなく、そのまま使えることです。もちろん、スクリーンの買い替えも必要ありません。

インタラクティブホワイトボードのおすすめポイントは
・プロジェクターで映し出した画面に、書き込みができること。
・使用中のプロジェクターで、そのまま使えること。
・使用中のスクリーンが、そのまま使えること。
・画面上で書き込んだ内容が、そのまま保存できること。
・画面上でペンを使って、マウス操作もできること。

データの保存元であるパソコンに、センサーをつなげば、電子ペンが反応し、画面に書き込みができるようになるもの。画面に書き込んだ内容は、そのままパソコン内に保存ができるようにもなっています。

インタラクティブホワイトボード、ボードいっても、実際の商品は、ホワイトボードのように使えるようになる、という意味で、ホワイトボードではなく、センサーとペンとその他の付属品という構成。

センサーはコンパクト、電子ペンは画面上でマウス操作も可能。

インタラクティブホワイトボードは、センサーカムをパソコンにつないで使用するものですが、センサーカム自体は非常にコンパクトで、邪魔になることもありません。

パソコンの横、机上においてもよいし、常時使用するようであれば、取り付け金具も付属してくるので、壁や天井に取り付けておくこともできます。

また、電子ペンは、書き込みができるだけではなく、画面上でクリックやドラッグなど、マウスとしての操作も可能になっているため、パソコンと画面の行き来をせずに済むようになります。

プロジェクターやスクリーンの買い替えの必要がないインタラクティブホワイトボード。画面を見なが書き込みができるようになれば、より説明しやすく、聞く側にとってはより理解が深まります。

※商品名 インタラクティブホワイトボード(サンワサプライ)
・製品品番 MED-1S
・対応画面サイズ 40~100インチ(対角線長/約101.6~254cm)
・動作距離 約112~400cm内(プロジェクター画面の大きさによります)
・接続インターフェース micro USB
・micro USBケーブル長 200cm
・センサーサイズ W4.8×D4.0×H7.6cm
・センサー重量 72.5g
・ペン電池タイプ 単四乾電池×2
・ペンサイズ 直径1.6×20cm
・ペン重量 24g
・付属品 micro USBケーブル×1、CD×1、単四乾電池×2本(テスト用)、壁面取り付け金具×1
・JANコード/ISBNコード:4969887884607

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事

  1. 電動シェーカー プロミックス(Promixx)
  2. プラゴ PLUGO (家庭用コンセントタップ)
  3. ワイシャツの胸ポケットありかなしか
  4. エクオール郵送検査キット ソイチェック
  5. ワインを衝撃から守る、ワインクレードル(Wine Cradle)
ブログランキング・にほんブログ村へ

アーカイブ

PAGE TOP