ベジタブル スパイラルカッター(アメリカンディールス)

野菜が麺のように切れるカッター。

野菜を麺のように細長く切ることが流行っているようです。

麺のように細長くカットされた野菜は、野菜それぞれの色鮮やかさが引き立ち、料理の見た目を鮮やかにしてくれますし、また、ダイエット中の方であれば、麺の代わりにしてみるなど、その使い道は意外と多く、アイデア次第で無限に広がります。

そこで今回は、野菜を麺のように切れるカッターをご紹介します。昔ながらの鉛筆削りのような感覚で、簡単に使えるのが特徴です。

鉛筆を削るような感覚で、野菜を麺のように切れるカッター。

形状はとんがり帽子のような三角錐、しかもサイズが、約7cm四方と非常にコンパクトながら、野菜を麺のように切ることができるのが、ベジタブル スパイラルカッターというアイテム。

スパイラルが、螺旋(らせん)を意味している通り、細長い螺旋状に野菜をカットできるようになっています。

使い方も簡単。スパイラルカッターに野菜を入れて、手でグルグルと野菜を回すだけ。刃にはステンレス素材を使用しているため、さほど力を入れずとも、スムーズにカットが進みます。

ベジタブル スパイラルカッターのおすすめポイントは、
・グルグル回すだけで、野菜が細長い螺旋状にカットできること。
・三角錐の本体だけなので、洗い物が少なくて済むこと。
・実勢価格600円前後と、手頃な価格であること。

キュウリなど元々細目の野菜であれば、そのまま。大根や人参など比較的大きめの野菜であれば、スパイラルカッター本体に入るサイズに、予めカットする必要がありますが、手間としてはそれほどでもありません。

洗い物が少ないので、手軽に使えます。

細長く切る野菜の代表格といえば、千切りです。千切りをする際に使用されるのが、一般的なスライサー。

ただ、このスライサー、確かに便利ではありますが、千切り以上の長さにすることは、残念ながらできません。

また、スライサーの多くは、ボックス型になっており、フタの部分と併せると、洗う手間が掛ってしまい、使うのに少々躊躇しがち。

それに比べると、このスパイラルカッターは、本体一つだけ。カットした野菜をそのままボウルに入れてもよいし、お皿に盛りつけてもよいし、洗い物も少なく済むので、手軽に使えます。

麺のように野菜をカットして、いつもと違ったサラダを作ってもよいし、パスタ代わりにすれば、ダイエットにもなるし、使い道色々の麺状の野菜、一度試してみませんか?

※商品名 ベジタブル スパイラルカッター(アメリカンディールス)
・サイズ 約W7×D7×H7cm
・カラー グリーン
・材質 ABS樹脂、ステンレス刃
・重量:約52g
・JANコード/ISBNコード:0067742265111

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事

  1. WENTWORTH WOODEN PUZZLES
  2. コンフォートトップ マルタカ イチロー マッサージ器
  3. ズライドオン(ZlideOn)
  4. Zubits(ズービッツ)
  5. 世界最強の腹巻 オーラエアウェーブ ボディーウォーマー
ブログランキング・にほんブログ村へ

アーカイブ

PAGE TOP