指紋認証リーダー FP-RD3(サンワサプライ)

パソコンに指紋認証をかけたいならコレ。

ビジネス・プライベートを問わず、パソコンには知られたくない情報が山ほど入っています。

起動時や、ファイルを開くときのパスワード入力は、それらの情報を守るための手段の一つでもありますが、パスワードの場合、解読されてしまう危険があること、また、いちいち入植る手間も掛ってしまいます。

そこで今回は、パソコンに指紋認証を掛けるためのアイテムをご紹介します。手持ちのパソコンのUSBポートに差し込むことで使える、便利なセキュリティ対策グッズといえます。

指定したファイルやフォルダを開くために、指紋認証が必要になる、パソコンのセキュリティ対策グッズ。

指紋認証は、パスワード認証に比べても、なりすましや偽造が困難なこともあり、現時点では圧倒的に高いセキュリティを誇ります。

この指紋認証システムを手持ちのパソコンに簡単に導入できるのが、指紋認証リーダー FP-RD3。サンワサプライから販売されています。

指紋を認証するための本体は、パソコンのUSBポートにセット、あとは付属のソフトウェアで、フォルダやファイルを指定すれば、以後、それらを開くために指紋認証が必要になる、というものです。

指紋認証リーダー FP-RD3のおすすめポイントは、
・手持ちのパソコンに指紋認証システムを導入できること。
・パスワード入力に比べて、スムーズにロック解除ができること。
・10個まで指紋を登録できるので、グループでも使えること。
・他人の指紋の受入率が0.0001%以下と、高い精度であること。

この指紋認証リーダーの特徴ともいえるのが、高い精度を誇ることにあります。他人の指紋で解除される可能性は、0.0001%以下。言い換えれば、100万回に1回「以下」。

逆に、指紋を登録した本人が拒否されてしまう確率は、0.1%以下。登録したものの、認証しづらい、ということもありません。

指紋は10個まで登録可能なので、複数使用のパソコンでも使えます。

この指紋認証リーダーは、複数の人とパソコンを共有している場合に使えるのも特徴です。

登録できる指紋は10人、10個まで。もちろん、認証解除可能なファイルやフォルダはそれぞれに指定できます。

現在対応しているのは、Windows搭載パソコン。Windows 10・8.1・8・7。

指紋認証リーダーを使えば、高度なセキュリティ対策が、手持ちのパソコンに手軽に導入できる便利なアイテムです。

ただし、いくら指紋認証を導入したからといっても、パソコンの前で居眠りしないこと。知らない間に、指紋を当てられてしまうことには、注意が必要です。

※商品名 指紋認証リーダー FP-RD3(サンワサプライ)
・付属品:USB延長ケーブル(10cm)、ソフトウェア(Windows版12cmCD)、取扱説明書
・照合精度 他人受入率/0.0001%以下、本人拒否率/0.1%以下
・登録データ 10件(10個の指紋)
・サイズ W24×D36×H19mm
・重量 約11g
・インターフェース USB Ver.2.0準拠(USBVer.1.1上位互換)
・コネクタ形状 USBコネクタ(Aタイプ)
・通信速度 480Mbps/12Mbps
・最大消費電流 最大19mA
・指紋センサー RF方式スワイプタイプ
・解像度 508dpi
・スワイプレート 250mm/sec
・JANコード/ISBNコード:4969887694022

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事

  1. ダニ駆除におすすめ、ダニ捕獲シート。
  2. てのひらトング、使いやすさを追求した、究極のトング。
  3. クビンス ホールスロージューサー JSG-121。
  4. オンライン家庭教師サービス「ノッティー」
  5. プラフレンドで作品を作って販売してみよう。
ブログランキング・にほんブログ村へ

アーカイブ

PAGE TOP