ウエット手袋なでなで(本田洋行)

犬の散歩後に使える、手袋型のウェットシート。

ワンちゃんを散歩させた後は、汚れた足やお腹を綺麗にするために、お湯で洗い流してあげることが一般的です。

ところが、シャワーが嫌いなワンちゃんの場合には怖がることも多く、また、じっとしていられないワンちゃんを綺麗にするのに、ひと苦労といったところです。

そこで今回は、そういうワンちゃんでも、手間を掛けずに汚れをふき取れるウエットシートをご紹介します。手袋型になっているのが大きな特徴です。

手袋型なので細かいところも拭ける、犬用のウェットシート。

ワンちゃんの汚れた身体を綺麗にしようと、お風呂場でシャワーを使おうと思っても、落ち着かないワンちゃんの場合には、なかなか思うようにいきません。

そこで使ってみたいのが、ウエット手袋なでなでというアイテム。犬用に開発されたウエットシートで、本田洋行から販売されています。

このウェット手袋なでなで、商品名にある通り、手袋型であることが一番の特徴です。手にすっぽりと嵌めて使えるため、タオルなどで拭くことに比べても、格段に使いやすくなっています。

また、ワンちゃんもマッサージをされているような感覚になれるせいか、嫌がるどころか、かえって気持ちの良く感じるほどです。

ウエット手袋なでなでのおすすめポイントは、
・手袋型なので、細かいところまで、手が行き届くこと。
・左右対称に作られているので、利き手を問わないこと。
・マッサージすることで、同時に汚れが拭き取れること。
・犬のほか、猫やうさぎなどにも使えること。

ワンちゃんの身体全体は、手のひらを使ってマッサージをするように、耳の中や肉球周りなどは、指先を駆使することで、汚れを落とすことができます。

使用後はワンちゃんの毛に湿気が残りますが、シャンプーと違い乾燥させる必要もなく、必要であれば、ブラシを掛けてだけで、作業としては完了します。

左右対称なので、利き手も問わず、表裏の両面が使ます。

ウエット手袋なでなで、手袋型ではありますが、左右対称に作られているのもポイントです。

そのため、利き手の左右を問わずに使えるほか、表裏を嵌め替えることで、両面無駄なく使えるようにもなっています。

注意すべきは、保管場所。ウエットティッシュなどと同様に、車の中など高温になる場所での保管を避けることは注意が必要です。

もちろん、ワンちゃん以外にも、猫やうさぎにも使えるので、これらを飼っている方は常備しておくと便利であることは間違いありません。

※商品名 ウエット手袋なでなで(本田洋行)
・サイズ 約24cm×25cm
・成分 水、保湿剤、植物由来消臭成分、防腐剤、界面活性剤、トリートメント剤
・内容量 10枚入(5枚入りもあり)
・原産国 日本
・JANコード/ISBNコード:4580235600061

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事

  1. 新型 百万円札メモ帳(ユナイデッドジェイズ)
  2. イギリスの紅茶ブランド、teashed
  3. BMXにペイント ボードスティックス
  4. テレビシュミレーター(ハンファ・ジャパン)
  5. ウインブルドン 公式グッズ
ブログランキング・にほんブログ村へ

アーカイブ

PAGE TOP