テフロン 加工ワンタッチ コンビニマグ(ドウシシャ)

コンビニのコーヒーを保温できるマグボトル。

コンビニで、コーヒーを購入している方をよく見かけます。各コンビニのコーヒーも、コーヒーショップに比べて安く、そして味もまずます、朝や食後の一杯として十分であることの証しともいえます。、

そういうコンビニのコーヒーですが、唯一ともいえる弱点が、冷めるのが早いこと。寒い時期だったり、飲むまでに時間が掛ってしまうと、あっという間に冷めてしまいます。

そこで今回は、コンビニのコーヒーマシンに置ける真空断熱構造のマグカップ、をご紹介します。これなら、多少の時間が経過しても熱いままのコーヒーが楽しめます。

コンビニのコーヒーマシンに置けるマグボトル「コンビニマグ」。

通常コンビニでコーヒーを購入すると、レジでカップを受け取り、それをコーヒーマシンにセットして、コーヒーを注ぎます。

ところが、コンビニで用意されているカップは、紙製であることもあり、冷めやすく、熱いコーヒーも、飲むころにはぬるくなってしまう、なんていうことがあります。

そこで、せっかくの熱いコーヒーを、熱いまま飲めるようにと開発されたのが、テフロン 加工ワンタッチ コンビニマグという、コンビニコーヒー専用のマグボトル。ドウシシャから販売されています。

このコンビニマグは、コンビニのコーヒーマシンに置けるサイズに作られており、店で用意されているカップに替って、直接マシンにセットできる、というものです。

コンビニマグのおすすめポイントは、
・コンビニのコーヒーの保温・保冷ができること。
・重さ250gと軽量で、持ち運びに便利なこと。
・車のドリンクホルダーにも対応するサイズであること。
・内部の表面はテフロン加工で、汚れがつきにくいこと。
・実勢価格が600円前後と、手頃な価格であること。

1時間経過後も79℃以上をキープする、真空断熱構造。

このコンビニマグ、容量は360mlで、真空断熱構造。マグの内側の層と外側の層に真空域を設けることで、外部の熱を遮断、保温・保冷機能を持たせています。

マシンから直接入れた熱いコーヒーであれば、1時間経過後も79℃以上をキープするほど。逆に、冷たいアイスコーヒーであれば、8℃以下を保ちます。

マグボトル自体の重さとしては、約250g。たしかに、マグボトルをコンビニに持ち運ぶという手間は増えますが、軽量であることや、保温・保冷効果を考えると、便利であることは間違いありません。

飲み口を開ける方式には、ワンタッチ式を採用しているのも使いやすいところです。

マグボトルの内面にはテフロン加工が施されており、非常に汚れにくく、また、付いてしまった汚れが落ちにくい仕上がり。ただ、手入れをする際に、食洗機や食器乾燥機は使えないので、その点には注意が必要です。

コンビニのコーヒーといえども、最近は非常に美味しいもの。コンビニマグを使えば、多少の時間が経過しても、美味しいまま、熱いまま飲めるようになります。

※商品名 テフロン 加工ワンタッチ コンビニマグ(ドウシシャ)
・カラー 3種類(ブラック、シルバー、レッド)
・容量 360ml
・サイズ(約) φ78×169㎜
・保温効力 1時間:79度以上/6時間:46度以上
・保冷効力 1時間:8度以下/6時間:16度以下
・重量 約250g
・品番 DBHOC360
・JANコード/ISBNコード:4549549785703 ほか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事

  1. クール・クール(満天社)
  2. 携帯正座椅子 正座革命(ITO製作所)
  3. ボタンがとれたときの応急処置
  4. 青山シャンウェイ 焼海老と貝柱風味の塩だれ
  5. ポケットを増やしたい!方におすすめの便利グッズ。
ブログランキング・にほんブログ村へ

アーカイブ

PAGE TOP