あしもとスイッチファン(山善)

足で操作できる扇風機、これなら怒られることが無くなります。

夏の暑い時期によく見かける光景が、扇風機のスイッチを足で操作してママに怒られるお子さん。お子さんと書きましたが、大人でもついついやりがち、心当たりのある方も多いのでは。

そこで今回は、元々、足で操作できるように作られた扇風機をご紹介します。扇風機のスイッチを足で入れて怒られた高校生のアイデアが商品化された、ユニークな扇風機です。

足で操作するためのボタンがついた扇風機、これなら、怒られることもありません。

堂々と、足で扇風機の電源を入れたり、風量を調節したりの操作ができるのが、あしもとスイッチファンという扇風機。山善から販売されています。

このあしもとスイッチファンは、本体を支える台座の前面に飛び出るような形で、各ボタンが設置されているので、足の指で扇風機の電源を入れたり、風量の調節ができるようになっています。

立ったままでも、両手に荷物を抱えていても、つま先でボタンを押せばOK、一般的な扇風機のように腰をかがめてしゃがむことからも解放される、というわけです。

あしもとスイッチファンのおすすめポイントは、
・足で扇風機が操作できること。
・かがまずに操作できるので、腰痛持ちの方も使いやすいこと。
・必要最低限の機能でシンプルであること。
・高校生の怒られた思い出が商品化された、ユニークなものであること。

この、あしもとスイッチファンは、山善から販売されているものですが、商品化にあたっては、高校生のアイデアが活かされているのが非常にユニークなところ。

というのも、やはり扇風機を足で操作して、怒られたことがアイデアの発端になっているそうで、なるほど、これなら足でいじっても怒られることはなさそうです。

また、足のつま先でボタンを押すことを想定しているため、ボタン自体が大きめに作られています。そのため、最近よく見かける平らなボタンよりも、非常にわかりやすいボタンであることも、メリットの一つと言えます。

最低限の機能でシンプル、使いやすい扇風機。

足、つま先で操作しやすいように作られた、あしもとスイッチファンですが、扇風機としては、シンプルで使いやすい仕上がり。

機能は、電源のON・OFF、風量調節、タイマーと必要最低限に絞っているため、複雑な操作も必要なく使えます。また、足での操作以外にもリモコンも付属。1時間当たりの電気代は、1.3円ほどと、省エネ設計でもあります。

今年の夏は、誰の目を気にすることなく、堂々と足で扇風機を操作したい。それが実現できる、あしもとスイッチファンです。

※商品名 あしもとスイッチファン(山善)
・品番 TLR-CG30(WC)
・カラー ホワイトベージュ
・サイズ 幅35×奥行35.5×高さ66-85cm
・重量 3.2kg
・消費電力 50Hz/60Hz 48W/50W
・電気代目安 約1.3円/約1.4円(1時間当たり)
・羽根 5枚(30cm)
・切タイマー 1、2、4時間
・高さ調節 ボタン式
・自動オフタイマー 8時間
・風量切り替え 3段階
・左右首振り角度 45度
・上下向き角度 上向22度、下向15度
・電源コード長さ 1.6m
・風速 184m/min
・風量 42立法メートル/min
・JANコード/ISBNコード 4983771181665

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事

  1. 防災グッズ ディフェンドフューチャー(DEFEND-FUTURE)
  2. 歯磨き用のコップに最適 マグネットコップ
  3. VACUVIN コルクスクリュー ツイスター 68814(バキュバン)
  4. おもち亭 おもちとからめて ずんだもちの素 3袋入り(丸美屋食品)
  5. ezegg レンジでうすやきたまご(曙産業)
ブログランキング・にほんブログ村へ

アーカイブ

PAGE TOP