サバイバルプラス 携帯浄水ボトル(seychelle(セイシェル))

雨水も飲めるようになる、浄水機能のついたボトル。

大きな地震が、いつどこで起きるかわかない地震大国日本。それだけに、防災グッズなど、日頃からの備えが必要になります。

この防災グッズとして必要なものは多々ありますが、やはり災害時に困るのが、なんといっても飲料水、水です。水道が止まることを想定して、飲料用の水は多目に確保しておきたいところです。

とはいえ、非常用として飲料水を用意するとなると、困るのがその置き場所です。1人が飲む分を数日分、ということであれば、まだなんとかなりますが、複数の人数分となると、それなりの収納スペースが必要になります。

そこで今回は、雨水や井戸水などを、ろ過して飲料水にできる、高性能フィルターのついたボトルをご紹介します。汚染物質を除去、減少させるもので、その性能の高さは、セシウムにも効果があることが実証されているほどです。

超高性能フィルターが不純物を取り除く、携帯用の浄水ボトル。

見た目はいたって普通の携帯用ボトルながら、高性能のフィルターが汚染物質を除去、減少。雨水や井戸水を飲料用の水に替えてくれるのが、サバイバルプラス 携帯浄水ボトル。アメリカのセイシェルというブランドから販売されています。

使用するにあたって、電気や電池などが全く不要で、ボトル1本あればよいので、災害時の飲料水の確保にうってうけの浄水ボトルといえます。

サバイバルプラス 携帯浄水ボトルのおすすめポイントは、
・雨水、井戸水、川の水を飲料水にできること。
・フィルターが不純物質を99%以上取り除くこと。
・電気や電池が不要なこと。
・1つフィルターで380リットル分の水がろ過できること。
・ボトル本体が軽量、コンパクトなので、荷物にならず、持ち運びにも便利なこと。

このサバイバルプラスが除去できる不純物は、トリハロメタンや塩素などはもちろん、一般的な家庭用浄水器では取り除くことができないものにも対応。さらに、放射性セシウムも99%以上を除去という検査結果も出ているほどです。

フィルターの寿命は約380リットル分、毎日2リットル使っても約半年持ちます。

フィルターを使うタイプのボトルと聞くと、気になるのはフィルター交換の頻度です。

この点、サバイバルプラスに採用されているフィルターは、使用する水によって異なるものの、約380リットル分が交換目安。1日2リットル使用したとしても、半年は持つ計算です。

また、全く使用していない状態であれば、15年が使用期限なので、普通に水を準備するよりも長期保存が可能になっています。

使い方も簡単で、ボトルの口を開け、雨水などを入れて、フタをすれば準備完了。後は、ボトルを押すことで、ろ過された水が出てくる仕組み。ちなみに、ボトルの内容量は約600ml。

サイズもコンパクトで、重さもわずか129g。普通に水を準備しておくと、保管場所の問題や、いざというときに、それを運び出す手間が掛りますが、それらからも一切解放されます。

万一、被災してしまったときに、何より必要になる飲料水。最低限の飲料水は確保できるサバイバルプラス、防災グッズの一つに加えておきたいものです。

※商品名 サバイバルプラス 携帯浄水ボトル(seychelle(セイシェル))
・サイズ 高さ228mm×最大直径80mm
・重量 129g
・容量 約600ml
・素材 ボトル本体:ポリエチレン/濾過素材:天然ココナッツ活性炭
・可能濾過水量 380リットル(通常の飲用水としての利用)
・濾材交換目安 1日1リットル連続使用で約1年(原水により異なります。)
・JANコード/ISBNコード 4560260510177

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事

  1. スノーボードにアートペイント ボードスティックス
  2. 電気オイル調理器 ディープフライヤー EB-RM6400A(ROOMMATE)
  3. エアコンハンガー 平安伸銅工業
  4. 立体的な動きをする3D時計 マニフォールドクロック
  5. 小さなお子様とプールや海に行くときの必需品。
ブログランキング・にほんブログ村へ

アーカイブ

PAGE TOP