エコカットプロ(ECOCUT pro)

ワイパー用のカッター、ワイパーを少し長持ちさせることができます。

車のワイパーが劣化していると、動かしても突っかかるようになり、水滴を弾かなくなります。特に、雨が強いと視界は悪いままで、非常に危険です。

とはいえ、ワイパーを買い替えるといっても、決して安いものではなく、できれば使えるだけ使いたいというのが本音でもあります。

そこで今回は、手軽に使えるワイパーの修復グッズをご紹介します。ワイパーがゴム製であることを利用したもので、ドイツ製であることが特徴です。

劣化したワイパーの先端をカットして甦らせる、ワイパー専用カッター。

ワイパーが劣化して雨を弾きにくくなったといっても、その劣化はワイパー全体ではなく、窓に直接触れる部分だけが傷んでいるだけ、ということが多いものです。

そこで、その劣化した部分をほんの少しカットすることで、ワイパーを修復、甦らせようと開発されたのが、エコカットプロ、というワイパー専用カッターです。

ワイパーがゴム製であることを利用したもので、劣化した部分だけを切り取れば、新品同様の部分が現れるので、ワイパーを急いで買い替えることなく、長持ちさせられる、というものです。

エコカットプロのおすすめポイントは、
・ワイパーを手軽に修復できること。
・作業が、ものの数十秒で終わること。
・本体自体は何度でも繰り返し使えること。
・実勢価格が3,000円前後と手頃なこと。

真っ直ぐ、適度な厚みで切れる設計で、使い方も簡単。

このエコカットプロの特徴なのが、使い方が簡単なこと。まず、付属のスポンジでワイパーについている汚れをふき取ります。

あとは、エコカットプロ本体についている溝にワイパーをはめて引けば、劣化した部分の切り取りが完了します。溝に入れて引くだけなので、作業自体はものの数十秒で完了します。

ワイパーをカッターで切るとなると、ワイパー自体が短くものではないので、真っ直ぐに切れるかどうか、適切な厚みで切れるかどうか、は気になるところです。

この点、エコカットプロ本体に設けられている「溝」がまさに肝といえ、この「溝」にはめ込むことで、真っ直ぐも切れるし、適度な厚みに切れるようになっています。

ちなみに、溝は2つ設けられており、一度切って、さらに劣化した場合には2つ目の溝が使える仕様になっています。

フロントワイパーはもちろん、リアワイパーにも使用が可能なエコカットプロ。ワイパーゴムを切り取るので、何回でも使えるわけではありませんが、ワイパーを少しでも長持ちさせるのに、おすすめのグッズといえそうです。

※商品名 エコカットプロ(ECOCUT pro)
・用途 ワイパー専用カッター
・サイズ 本体:6×4×3.6cm/スポンジ:7×2×2.5cm
・本体重量 28g
・材質 ABS樹脂、ステンレス、ポリウレタン
・原産国 ドイツ
・JANコード/ISBNコード:4260164197275

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事

  1. エアーソファー(DEMARK)
  2. 樹脂粘土?いやプラフレンドです。
  3. 脇汗の心配がいらないワイシャツ
  4. フレッシュマックスがファッションスナップドットコムで紹介されました
  5. 一度は使ってみたいという方に、「サンナホルのお試しセット」が好評です。
ブログランキング・にほんブログ村へ

アーカイブ

PAGE TOP