慶弔おなまえスタンプ メールオーダー式(シヤチハタ株式会社)

ご祝儀袋、名前が上手く書けないなら、この手があります。

結婚、入学、出産、還暦などお祝いごとのニュースを聞くと、本当に嬉しいものです。

一方で、悩みとなるのは、お祝いのためにご祝儀袋に入れる金額です。ただこの金額に関しては、相手の方との関係などを考えて、標準とされるものがインターネット上などにも掲載されているので、それらを参考にして決めるとよいでしょう。

そして、もう一つ、悩みといえるのが、ご祝儀袋に名前を書くこと。筆ペンで縦書き、に慣れていない方にとっては、これが結構ハードルが高いもの。上手く書けなかったり、曲がってしまったり。最悪の場合、失敗してご祝儀袋が無駄になってしまうことも。

そこで今回は、自分の名前で作れるご祝儀袋用の印鑑をご紹介します。楷書体や行書体などに対応しており、もちろん縦書き。慶弔の両方で使える点も魅力的です。

ご祝儀袋用の印鑑、シヤチハタから販売されている「慶弔おなまえスタンプ」。

元々字を書くのが苦手で、特にご祝儀袋など、縦書きの場合には尚更上手く書けない方におすすめなのが、シヤチハタから販売されている、慶弔おなまえスタンプです。

この慶弔おなまえスタンプがあれば、お祝い事や不幸があったときでも、サッとスタンプを押すだけで、美しく名前を入れることができる、というものです。

慶弔おなまえスタンプ メールオーダー式、のおすすめポイントは、
・スタンプを押すだけで、ご祝儀袋や香典袋に名前を入れられること。
・黒と薄墨の2種類のインクで、慶弔両用であること。
・購入後、インターネットかハガキで申し込みができること。
・社名入りなどにも対応していること。
・実勢価格1,500円前後と、手頃な価格であること。

この、慶弔おなまえスタンプの発売元は、あのシヤチハタ。このスタンプも、いわゆるシヤチハタ同様でスタンプパッドを本体にセットする形。

インクは、黒と薄墨の2種類。慶弔どちらにでも使えて、それぞれ300回ほどはインクの補充をしなくても使えるほど。

もし、印影が薄くなってきたら、別売りの専用インクを補充することで、繰り返し使えます。

名前の印字は、インターネットかハガキでオーダー。

慶弔おなまえスタンプを購入すると、まず、本体となるスタンプのみが手元にあることになります。

印面部分は、同封されている問合せ番号を使用して、インターネットかハガキで申し込み。申込完了後、数週間で印面のゴム部分が送られてくるので、それを本体にセットして使用するという仕組みになっています。

もちろん、名前を作る費用や、印面の送料は元々の料金に含まれているので、追加で負担する必要もありません。

ご祝儀袋や香典袋を用意する際に、「名前が上手く書けない」という悩みを解消してくれる、慶弔おなまえスタンプ、1台あると便利であることは間違いありません。

※商品名 慶弔おなまえスタンプ メールオーダー式(シヤチハタ株式会社)
・印面サイズ 14×56mm
・書体 楷書体、行書体、明朝体、角ゴシック体
・サイズ 73×30.6×50.5mm
・重さ 41g
・型番 GS-KA/MO
・JANコード/ISBNコード 4974052330100

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事

  1. 裾上げテープ
  2. 使いやすい長靴、バードウォッチング長靴(日本野鳥の会)
  3. 4時間プログラムタイマー2 PT25(リーベックス)
  4. サーフボードにペイントのコツ
  5. おすすめアプリ「Runtastic GPS ランニング&ウォーキング」
ブログランキング・にほんブログ村へ

アーカイブ

PAGE TOP