カットペン(ナカバヤシ)

新聞のスクラップを、スマホに保存するためのアイテム。

新聞記事を保存して場合、該当の記事をハサミやカッターなどで切り取って、ノートなどに貼り付ける、いわゆる、新聞スクラップという作業をするのが一般的です。

この方法だと、保存する記事が増えれば増えるほど、ノートは溜まっていくことになります。
すると、収納するスペースを取ったり、後で過去の特定の記事を読み返したいときには、溜まったノートの中から探し出す必要があります。

もちろん、それが新聞スクラップの「味」でもありますが、もう少し、便利で効率的になるのであれば、それが望ましいともいえます。

そこで今回は、スマホを使って新聞スクラップができるアイテムをご紹介します。専用のペンを使って記事を囲んで撮影すれば、スマホ内に該当記事が保存されるほか、様々な便利な機能もついています。

スマホで新聞スクラップ、専用ペンで囲ってスマホで撮影するだけ。

保存しておきたい新聞記事を専用のペンで囲んで、スマホで撮影すると、ペンで囲んだ部分だけが、スマホに保存されるという、スマホを使った新聞スクラップのためのアイテムが、カットペン。ナカバヤシから販売されています。

スマホに専用アプリをダウンロードし、アプリのカメラを使って撮影すれば、周りの余計な記事は削除され、ペンで囲んだ部分だけが保存されるというもの。

新聞紙の性質上、通常カメラで撮影すると黒ずんで見にくいのも、自動で補正されるので、画面上でも見づらいこともありません。

カットペンのおすすめポイントは、
・ペンで囲んで撮影するだけで、スマホで新聞クラップができること。
・スマホ画面で見やすいように、色補正がされること。
・データ化されるので、関連記事をまとめるなどの作業ができること。
・保存してある記事に対して、検索ができること。
・パソコンなどに、転送できること。

このカットペン、記事を囲むために専用のペンを使うわけですが、この専用ペンも新聞に線を引きやすいように調節されています。

しかも、撮影後、スマホに保存される際には、囲んだ線が消えるので、該当記事だけを綺麗に見ることができるようになっています。

データ化することで実現した、様々な便利な機能。

カットペンを使用するにあたっては、専用のアプリをダウンロードする必要がありますが、このアプリには多彩な機能が搭載されており、データ化することのメリットを存分に享受できるようになっています。

例えば、記事中に線・ラインを引けること。記事の中の重要な部分に線を引きたい場合は、マーカーができるようになっています。

また、記事の内容がテキスト化されることで、記事中の単語などを使った検索も可能。

さらに、PDFやJPEGなど、ファイルの拡張子を選んで、パソコンやタブレットなどに転送することもできるようになっています。

現在の所、iPhoneのみの対応になっていますが、ハサミや糊を使うことなく新聞がスクラップできるカットペン、これからの新聞スクラップに欠かせないアイテムになりそうです。

商品名 カットペン(ナカバヤシ)
・インク色 赤
・サイズ 径11.2×長141mm
・重量 30g
・ボール径 1mm
・ボールペン替芯 ゼブラ ジェルインク用替芯 JF-1.0
・動作環境 iOS8、iPhone5S以降推奨
・原産国 日本
・品番 SRS−CP01
・JANコード/ISBNコード:4902205073307

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事

  1. 裾の長さを調整できるピン ヘムジェム
  2. ボックス ボトル ストッカー(グローリーセカンド)
  3. サーフボードにペイント、仕上げのスプレー
  4. 簡単さが人気のダニ対策 Getダニ捕獲シート
  5. ちょいかけスプレー(セイエイ)
ブログランキング・にほんブログ村へ

アーカイブ

PAGE TOP