窓拭きお掃除ロボット「WINDY」(サンコー)

窓拭きこそ、ロボットに任せたい、窓拭きロボット。

ここ数年、自動で動く掃除機、いわゆる、お掃除ロボットが各メーカーから販売されるようになり、家電量販店などにいけば、所狭しとズラリと並んでいます。

一方で、どうせロボットにやってもらうなら、窓拭きの方を、という気がしないでもありません。高い所の窓拭きは脚立を必要としたり、家の外側になると危険を伴ったりします。

そこで今回は、窓を拭いてくれるお掃除ロボットをご紹介します。窓ガラスはもちろん、鏡やタイル、木などにも使える点も魅力的なロボットです。

窓を拭いてくれるロボット、窓ガラスの高い所も綺麗にできます。

約24cm四方ほどの大きさのロボット。窓ガラスに押し当てて、電源を入れると真空モーターの働きで、窓ガラスに吸着。

あとは、お掃除開始のボタンを押せば、窓を勝手に拭いてくれるというのが、窓拭きお掃除ロボット「WINDY」。サンコーから販売されています。

窓一面を自動で拭いてくれるモードのほか、気になる部分だけを拭きたいときには、リモコンを使って、ラジコンのように動かすことも可能な、手動モードも搭載。

これなら、高いところも、わざわざ脚立を持ち出すまでもなく、窓ガラスを綺麗にすることができます。

窓拭きお掃除ロボット「WINDY」のおすすめポイントは、
・窓を自動で拭いてくれること。
・手動モードも搭載、リモコン操作で自在に動かせること。
・1㎡あたり、2分ちょっととスピーディーに動くこと。
・落下防止用のロープが付属してくれること。
・他機種に比べて、手頃な価格であること。

乾拭き、水拭き、双方に対応。

窓拭きお掃除ロボット「WINDY」は、乾拭き、水拭きの双方ができるようになっています。

購入時に、乾拭き用と水拭き用の2種類のファイバークロス性のパッドが標準で搭載されており、これをロボット裏面に装着して使用するというもの。

使用できるのは、窓ガラスであれば、一般的な透明ガラスはもちろん、曇りガラスや装飾されたガラスであってもOK。

ただし、ガラスの表面にデコボコがある場合、その表面差が1.5mm以下まで。また、表面差が1.5mm以下であれば、窓ガラス以外にも、タイルやクロス、木であっても使えます。

万一の停電のための、補助バッテリーを搭載。

この窓拭きお掃除ロボットは、電源コンセントにつなげて使う仕様。

掃除するための動作はもちろん、窓に吸着させるための真空モーターも電気を利用しています。

万一の停電や電源ケーブルが外れてしまい、真空モーターの動きが止まれば、当然落下するわけですが、それを防ぐために補助バッテリーが搭載されています。

加えて、落下防止用のロープも付属しており、使用時に装着することが強く推奨されています。

部屋の床は掃除機でスムーズに掃除することができても、窓ガラスの場合、高さだったり、部屋の外側だったりと、場所的に掃除が難しい場合も多く、窓拭きこそ、ロボットに任せてたい。窓拭きお掃除ロボット「WINDY」を使えば、それが実現できる、というわけです。

※商品名 窓拭きお掃除ロボット「WINDY」(サンコー)
・サイズ 幅240×奥行き240×高さ100mm
・重量 1200g
・適応ガラス・窓サイズ 40cm×40cm以上
・枠なし窓 対応
・表面の凹凸 1.5mm以下対応
・スピード 1平方メートルあたり約2.4分
・落下防止用補助バッテリー 充電時間:約2時間/稼動時間:約20分
・リモコン あり
・落下防止用ロープ 長さ:約460cm/強度:150kgf
・消費電力 80W
・定格電圧 AC100V/240V,50~60Hz
・内容 本体、リモコン、水拭き用クリーニングパッド、乾拭き用クリーニングパッド、落下防止用ロープ(カラビナ付き)、電源ACアダプター(約135cm)、電源ACケーブル(約100cmm)、延長DCケーブル(約400cm)、日本語取扱い説明書
・保証期間 12ヶ月
・JANコード/ISBNコード 4562331776284

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事

  1. 超薄型・消臭インソール アートインソール(サンライフ)
  2. 木製まな板 おすすめ、抗菌炭化木 まな板
  3. 森永製菓の公式ノベルティ製作サービス、おかしプリント
  4. 夏用 ワイシャツ
  5. ゴキブリの巣を除去、RIDDEX PLUS
ブログランキング・にほんブログ村へ

アーカイブ

PAGE TOP