冷える!メイト(山本縫製工場)

ヘルメットの中の、暑さ対策グッズ。

今年も間もなく暑い夏がやってきます。工場や建設現場など、ヘルメット着用が義務付けられている場所では、毎年暑さ対策に悩まされます。

働く方の健康面を考えることはもちろん、作業効率のことを考えても、ヘルメット内の暑さ対策は必須といえます。

そこで今回は、保冷剤を使ってヘルメット内の暑さ対策ができるグッズをご紹介します。手持ちのヘルメットにそのまま使えるのが特徴です。

5つの保冷剤がヘルメットの中でしっかりフィットする、ヘルメットの暑さ対策グッズ。

布製のケースの中に5つの保冷剤を入れ、それをヘルメット上部にセットすることで、暑さ対策になるのが、冷える!メイトという商品。山本縫製工場から販売されています。

この、冷える!メイトは、手持ちのヘルメットをそのまま使えること。また、布製ケースを使うことで、保冷剤が頭頂部にフィットするのが特徴。夏のヘルメットを被っての作業時に必須の暑さ対策グッズといえそうです。

冷える!メイト、のおすすめポイントは、
・手持ちのヘルメットがそのまま使えること。
・保冷剤が頭にフィットすること。
・布製ケースに、速乾性・吸水性のある素材を使用していること。
・購入時には保冷剤が付属してくること。

通常、保冷剤をヘルメットの中に入れて使うとなると、保冷剤は凍っているだけに固く、頭にフィットさせることが難しいものです。

その点、冷える!メイトは、保冷剤を入れるケースを布製にすることで、5つの保冷剤が上手くカーブを描き、頭にフィットさせることができます。

使用時には、保冷剤を入れた布製ケースを、ヘルメット内のハンモック部分の上に差し込みます。作業時にズレることのないように、マジックテープで固定する仕様。

ケースは布製でも、水滴や汗で不快にならない工夫。

保冷剤を使用するとなると、気になるのは、ヘルメットの中が水滴だらけになり、かえって不快になってしまわないか、ということ。

冷える!メイトは、この点にも工夫がなされており、保冷剤を入れるケースに、吸水性に優れた中材と、表面には速乾性のある素材を使用。

保冷剤から発される水滴と同時に、汗までも吸収できるようになっており、ストレスなく使用できるようになっています。

使用する保冷剤は、18gのミニタイプ。とはいっても、購入時に5個は付属してくるので、凍らせれば直ぐに使えるようになっています。

これからの暑い季節、ヘルメット着用の方におすすめしたい、暑さ対策グッズです。

※商品名 冷える!メイト(山本縫製工場)
・サイズ 13.5cm×12cm
・カラー ブルー
・素材 表:ポリエステル100%(吸汗速乾繊維CEOα)/中:アクリル40%、レーヨン20%、ポリエステル20%、指定外繊維(ベルオアシス)20%
・付属品 保冷剤18g×5個

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事

  1. 折りたたみ椅子 PATATTO パタット
  2. ホールリーフ使用で人気の紅茶 ティーシェッド。
  3. ヒンヤリ冷感CCTチルチューブが好評です
  4. 暑さ対策にはひんやり冷感タオル
  5. スマピカ
ブログランキング・にほんブログ村へ

アーカイブ

PAGE TOP