音波振動アシスト ソニックオール(大作商事)

普通の歯ブラシを、電動歯ブラシに替えるためのアイテム。

CMで流れる、電動歯ブラシの「1分間に数万回」というフレーズを耳にして、普通の歯ブラシを勢いよく動かして試してみた、という方もきっと多いはず。

ところが、当たり前ですが、普通の歯ブラシをいくら頑張って動かしてみても、残念ながら、そんなに動かせるはずもありません。

かといって、電動歯ブラシを色々と見てみるものの、少々予算オーバーというのが本音、といったところ。

そこで今回は、普通の歯ブラシを、音波電動歯ブラシに替えるという、アイテムをご紹介します。もちろん、1分間に2万4千回、きちんと振動します。

手持ちの、普通の歯ブラシを、音波振動歯ブラシに替える「ソニックオール」。

本体に、普通の歯ブラシを差し込み、ダイヤルを回して固定、あとはスイッチを入れれば振動が開始される。

たったこれだけで、普通の歯ブラシが、音波振動歯ブラシになるというのが、音波振動アシスト ソニックオール。大作商事から販売されています。

このソニックオール、振動回数は1分間に24,000回。一般的な音波電動歯ブラシの振動回数が、2~4万回であることを考えると、十分な振動回数といえます。

音波振動アシスト ソニックオール、のおすすめポイントは、
・通常の歯ブラシを、音波振動歯ブラシに替えられること。
・振動回数が、1分間に約24,000回であること。
・こども用の歯ブラシにも使えるなど、様々なサイズに対応していること。
・乾電池式のため、コード類の煩わしさがないこと。
・替えブラシなどの買い替えが必要ないこと。
・実勢価格、3,000円前後と手頃な価格であること。

通常、電動歯ブラシというと、専用のブラシを使用するものがほとんどで、摩耗すると買い替える必要があります。

その点、このソニックオールは、一般的な手磨き用の歯ブラシを使用するので、買い替えと言っても、これまで通り、普通に歯ブラシを買ってくるだけで済みます。

大人用から子供用まで、様々な歯ブラシに対応。

ソニックオールは、セットする歯ブラシのサイズに合わせて高さが調節できる仕様になっています。

そのため、数多く販売されている歯ブラシの中で、固さや形など、自分に合ったものを選べ、また、子ども用の短めのブラシにも対応しています。

電源には、単4形の乾電池を1本使用。コンセントにつなぐ必要もなければ、コード類もなく、限られたスペースの洗面所で邪魔になることがありません。

電池の寿命は、1日2回、それぞれ2分使用したとしても、2か月以上はもつ計算です。

電動歯ブラシを使ってみたいけれど、価格が高いことや、替えブラシの購入が面倒などで躊躇しているならば、このソニックオール、使ってみない手はなさそうです。

※商品名 音波振動アシスト ソニックオール(大作商事)
・サイズ 高さ125mm×最大幅40mm×奥行24mm
・重量 約44g(電池含まず)
・振動数 約24,000回/分
・電源 単4アルカリ乾電池1本
・電池寿命 約5時間(例:1日2分×2回=約70日)
・材質 ABS、POM、PC、シリコン、EVA
・品番 SA-1
・JANコード/ISBNコード 4529214015526

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事

  1. ダイヤ ベルトループハンガー(ダイヤコーポレーション)
  2. ひとこぶ楽だ(ミカサ)
  3. マルチレコードプレーヤー SAD-9801-K(小泉成器)
  4. ボタン付けが簡単にできるtic、厚手の生地での使い方コツ
  5. ランドリーケア カラー&ダートコレクター(ドクターベックマン)
ブログランキング・にほんブログ村へ

アーカイブ

PAGE TOP