ジェリーフィッシュチェアー(JELLYFISH CHAIR)

椅子として使える、バランスボール。

バランス感覚を養いつつ、筋力をアップさせ、体感を鍛えることができるのが、バランスボールです。

バランスボールは、テレビを見ながら、本を読みながらなど、何かを「しながら」できることも魅力で、エクササイズグッズとしては、相変わらずの人気です。

とはいえ、このバランスボール、通常のボール型だと、不安定な面もあり、やはり、座る際にはある程度の集中が必要になります。

また、使用しないときには、ゴロゴロと部屋の中を転がったりと、意外と邪魔になってしまうことも。

そこで今回は、バランスボールの中でも、椅子として使えるタイプのものをご紹介します。安定感がありつつ、バランスボールの効果を享受できるので、仕事場の椅子として使っている方もいらっしゃるようです。

フレーム台座付のバランスボール、椅子として使えます。

通常のバランスボールを、鉄製のフレーム台座にはめ、専用カバーですっぽりと覆うことで、椅子として使えるようにしたのが、ジェリーフィッシュチェアー(JELLYFISH CHAIR)。北欧、スウェーデンのデザイナーによって開発されたものです。

このバランスボール、椅子の脚となるパーツを含めると、全体がクラゲのようにみえることから、ジェリーフィッシュチェアー(JELLYFISH CHAIR)と名付けられています。

ジェリーフィッシュチェアー、のおすすめポイントは、
・椅子として使えるバランスボールであること。
・300kg以上の重さに耐えられること。
・空気入れが付属してくること。
・カバーは洗えること。
・カバー柄のデザインが豊富に用意されていること。
・こども用のサイズも用意されていること。

単にバランスボールだけの場合と比べても、それなりの安定感があるのが特徴。そのため、なにかに集中しつつ、ときにエクササイズ、という使い方もできるので、思い切って仕事場の椅子にしてみてもよいほどです。

このジェリーフィッシュチェア-は、組み立て式。とはいっても、ボールに空気を入れて、椅子の脚となる台座部分にはめて、あとはカバーで覆うだけ。ほんの数分で作業は完了。もちろん、空気入れも付属してきます。

耐荷重は360kgと抜群の耐久性、こども用のジュニアサイズもラインナップ。

このジェリーフィッシュチェアー、バランスボールとしての耐久性にも優れており、約360kgまでの重さに耐えられるように設計されています。

また、全体を覆うためのカバーは、伸縮性のある生地を採用。汚れた場合には、外して洗うことができるので、衛生面も心配いりません。

カバーのデザインは、ブラックやレッドなど、シンプルなもののほか、デニム柄など、豊富なヴァリエーションが用意されています。

また、本体自体は、通常のサイズのほか、子供向けのジュニアサイズも用意されており、お子さんのバランス感覚を養ったり、体幹を鍛えたりするのにも使えます。

身体のためにも、バランスボールを使ってみたい。けれど、部屋の中で邪魔になりそうだから躊躇してしまう。であれば、いっそのこと、バランスボールを椅子にしてみてはいかがでしょう?

※商品名 ジェリーフィッシュチェアー(JELLYFISH CHAIR)
・付属品 空気入れ、エクササイズDVD
・サイズ 約幅47×奥行47×高さ51cm
・素材 ボール:ポリ塩化ビニル/スタンド:アイアン/カバー:ポリエステル
・カラー 2種類(ブラック、レッド)のほか、デザイン柄もあり。
・耐荷重 362.88kgの重量テスト合格済
・備考 組み立て式
・品番 WKC102
・JANコード/ISBNコード 4947849538416 ほか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事

  1. 回転式 生ゴミ排水カゴ 深型(コモライフ)
  2. PORTABLE SUIT HANGER
  3. ボタンつけが簡単にできるティック。
  4. Albedo 100 インビジブルブライト
  5. ソーイングセットがなくてもボタンがつけられるtic
ブログランキング・にほんブログ村へ

アーカイブ

PAGE TOP