割れない花瓶 JUSTPOT(ホリシン)

ビニール素材の花瓶、割れないし、邪魔にもなりません。

テーブルの上にお花を飾りたい。となると、必要なのが花瓶です。

ただ、この花瓶、スペースに余裕がない所におくと、何かの拍子に引っ掛けて倒れてしまい、挙句の果てには、床に落ちて割れてしまう、なんていう心配もあります。特に、小さなお子さんがいらっしゃるご家庭ではなおさらです。

そこで今回は、倒れても割れる心配のない、花瓶をご紹介します。花「瓶」としての機能を持ちながら、実はビニール製という、アイデア商品です。

「割れる」「邪魔」というデメリットを克服した、ビニール製の花瓶。

花瓶のデメリットといえば、割れてしまうこと、邪魔になることの、2つ。

ガラスや陶器製の花瓶であれば、倒したり、落としたりすれば、割れたり、破損したりしてしまいます。

また、多くの花瓶がそれなりのサイズであるため、常にお花を飾っていればよいものの、お花を飾らないときには、置き場所や収納場所にも困ります。

そこで、この2つの花瓶のデメリットを克服したのが、割れない花瓶 JUSTPOT(ジャストポット)。ホリシンから販売されています。

この割れない花瓶 JUSTPOTは、なんとビニール素材でできた花瓶。使用時に水を入れると自立し、お花が飾れる、というわけです。

割れない花瓶 JUSTPOT(ジャストポット)、のおすすめポイントは、
・ビニール素材のため、落としても割れないこと。
・使用しないときには、平らになるので、収納場所に困らないこと。
・ビニールを通した光の屈折が、美しさを増幅させること。
・実勢価格が300円程度と、手頃な価格であること。

割れない花瓶 JUSTPOTは、ビニール素材でできているために、使用しないときには、畳んで収納できるというのも魅力的。

一般的なビニール袋のように、平らな状態にしておけるので、置き場所に困ることもありません。

引出しの中などに仕舞っておき、お花を飾るときには、水を入れて花瓶として使う。そういった使い方ができます。

光と水の屈折も美しい。

ビニール素材の花瓶と聞くと、ガラス製の花瓶に比べて、何だか味気ない感じもします。

ところが、ビニールにはビニールの良さがあり、それが、光と水の屈折の美しさが楽しめること。陽の当たる場所に置いておけば、独特の雰囲気が楽しめます。

花瓶全体のデザインとしては、ストライプ、麻袋、バブル、切子模様など、各種ラインナップされているので、飾るお花に合わせて選べるようになっています。

価格も手頃で、お花をプレゼントする際に、一緒に沿える、というのも一つの方法です。

割れない、邪魔にならない、不思議な花瓶で、部屋にお花を飾ってみませんか?

※商品名 割れない花瓶 JUSTPOT(ホリシン)
・サイズ W14×H25(cm)
・材質 ビニール
・デザイン 全8種類(麻袋、ストライプ(青・オレンジ・緑)、切子(青・赤)、バブル(青・赤))
・JANコード/ISBNコード 4519092371807 ほか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事

  1. ブラジリアン ワックス
  2. ひんやりグッズはタオル派?チューブ派?
  3. 絵が苦手な子どもへのプレゼントに最適、マジカルイラストレーター。
  4. bin8、ビンエイト(曙産業)
  5. NAPKIN ONE96(NAPKIN)
ブログランキング・にほんブログ村へ

アーカイブ

PAGE TOP