Smart Beam Laser(スマート ビーム レーザー)

超小型のプロジェクター、スマホで撮った動画を無線で映せます。

プロジェクターというと、一昔前までは大きくてゴッツイ機器、価格もそれなりで、会議やプレゼンなど、どちらかというとビジネスの場面で使用するものというイメージでした。

ところが、最近のプロジェクターは、小型化されていることに加え、使いやすい便利な機能がついているものも販売されるようになりました。

そこで今回は、持ち運びにも便利な超小型サイズ、家庭でも使えるプロジェクターをご紹介します。スマホで撮った動画を映し出せるなど、様々な便利な機能がついているのも魅力的なプロジェクターです。

1辺が5.5cmの立方体、超小型のプロジェクター。

プロジェクターといえば、ごっつくて重たくて、とても家庭用として使うものではない。そんなイメージを覆した、超小型のプロジェクターが、Smart Beam Laser(スマート ビーム レーザー)。タイセイテック株式会社から販売されています。

このスマート ビーム レーザー、サイズは1辺が5.5cmの立方体と、手のひらの上にも楽に乗るほど。しかも、200gを切っている軽さで、置き場所や収納場所に困らないほか、持ち運びにも非常に便利なプロジェクターです。

スマート ビーム レーザー、のおすすめポイントは、
・超小型で軽量なこと。
・スマホやタブレットと、無線でつなぐことができるここと。
・自動でピントが合うこと。
・20V型〜100V型の画面サイズに対応していること。
・充電しておけば、屋外でも使えること。

スマホやタブレットとWi-Fi(無線)で接続。

スマート ビーム レーザーは、超小型で軽量であることのほか、Wi-Fi(無線)を使って、スマホやタブレットとコード要らずでつなげられることも、大きな特徴です。

そのため、Wi-Fiさえ使える環境であれば、スマホで撮った動画を、面倒なコードの接続などをせずに、そのまま壁や天井に映し出すことができるようになる、というわけです。

従来のプロジェクターは、パソコンなど映像が保存されている機器とプロジェクターをコードやケーブルで接続するというのが一般的でした。

コードをつなぐ作業は、こういった機器類が得意でない方にとっては少々ハードルが高く、機器とコードをつなげる必要もあり、それが場所的な制限ともなっていましが、スマート ビーム レーザーはそれを克服したプロジェクター、ということもできます。

もちろん、無線のほか、ビデオカメラやゲーム機などと有線による接続もできるようになっています。

ピントが勝手に合うオートフォーカス機能。

プロジェクターは、使用する時々によって、映し出す壁までの距離や、画面の大きさが異なるものです。

となると、当たり前ですが綺麗に映し出すためには、ピント合わせ、の作業が必要になり、これが結構上手くいかなかっりします。

その点、このスマートビームレーザーは、自動でピントを合わせてくれる、自動オートフォーカス機能がついているもの嬉しい機能といえます。

家庭用ともいえる、超小型のプロジェクター スマート ビーム レーザー。壁や天井などを使って、大きな画面で映像が手軽に楽しめるようになります。

※商品名 Smart Beam Laser(スマート ビーム レーザー)(タイセイテック株式会社)
・サイズ 5.5cm×5.5cm×5.5cm
・重量 195g
・投射方式 レーザー駆動LCOS技術
・明るさ 100ルーメン
・フォーカス方式 自動オートフォーカス
・解像度 720p(1280×720)
・アスペクト比 16:9
・投映サイズ 20~100V型(インチ)
・ビデオ入力 micro HDMI・MHL
・Wi-Fi映像入力 AirPlay・DLNA・Miracast
・スピーカー出力 モノラル・1.0W
・内蔵バッテリー リチウム電池(4,200mAh)
・使用時間 120分
・動作温度 0~40℃
・付属品 充電器、充電用Micro USBケーブル、MHLケーブル、MHL変換アダプタ
・JANコード/ISBNコード 4589552120016

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事

  1. ストレス解消パンチバッグ(サンファミリー)
  2. チルチューブ、使い方自在の新感覚のひんやりグッズ。
  3. ワイシャツの汗染み、脇は抑えられても背中が、という方におすすめのシャツ。
  4. 調湿脱臭剤 DRYING EGG(soil)
  5. ウインブルドン選手権2014が閉幕、公式グッズも残り僅かとなりました。
ブログランキング・にほんブログ村へ

アーカイブ

PAGE TOP