可変式速乾ハンガー乾燥機(サンコー)

乾燥機能のついたハンガー、ワイシャツが1時間で乾きます。

今年も間もなく梅雨に入ります。雨が多く、湿度が高い梅雨の時期の悩みは何といっても、洗濯物がなかなか乾かないこと、です。

子どもの体操着やユニフォームなど、翌朝までに乾かさなければならいものがあると、本当に困ります。

そこで今回は、そういう際に役立つ、乾燥機能のついたハンガーをご紹介します。1枚だけ急いで乾かしたいときなどに、便利なハンガーです。

ワイシャツが1時間で乾く、乾燥機能つきのハンガー。

言ってみれば、乾燥機を搭載したハンガーといえるのが、サンコーから販売されている、可変式速乾ハンガー乾燥機

このハンガー乾燥機、洗濯・脱水を終えたばかりのYシャツでも、約1時間で乾かせるパワフルさ。シャツや体操着などを、1枚だけ素早く乾かしたいときに大変便利なハンガーといえます。

可変式速乾ハンガー乾燥機、のおすすめポイントは、
・ハンガーと乾燥機が一体になっていること。
・乾燥機が下にスライドするので、衣類の下から全体に風が行き渡ること。
・Yシャツであれば、1時間で乾かせること。
・自動OFFタイマー機能が付いていること。
・実勢価格6,000円前後と、手頃な価格であること。

使い方も簡単で、複雑な操作が一切必要ありません。電源ケーブルをコンセントに差し込めば準備は完了。

あとは、スイッチを操作するだけですが、このスイッチも「OFF」と乾燥時間を選んでスライドさせるだけ。設定可能時間は、1時間、2時間、3時間の3段階。
逆に言えば、消し忘れの心配もない、というわけです。

約80℃の温風が洗濯物が素早く乾かしてくれます。

このハンガー乾燥機、肩口部の中に、温風乾燥機が収納された状態。使用する際に、衣類を掛けてから、その乾燥機の部分を下に引出す仕組み。

送風される風の温度は、約80℃。見た目のイメージよりも高温かつパワフル。

しかも乾燥機が衣類の下にあるので、下から上に向かって温風が行き渡るため、素早く乾燥させることができます。

また、乾燥機を下に引き出す際には、高さも調節も可能。衣類の長さによって変えることができるようになっています。

また、タオルや靴下など、小さなものを乾燥させたいときには、洗濯バサミのようなピンチも2つ使えるようになっています。

明日の朝までに何とか体操着を乾かしたい、洗濯し忘れたユニフォームが明日必要。そんなときでも、可変式速乾ハンガー乾燥機があれば、慌てる必要がなくなります。

※商品名 可変式速乾ハンガー乾燥機(サンコー)
・収納時サイズ 幅355×奥行き55×高さ125mm
・使用時サイズ 幅355×奥行き55×高さ181~810(mm)
・重量 705g
・電源ケーブル 1130mm(コネクタ含む)
・消費電力 最大270W
・内容品 本体、電源コード、保管袋、日本語取扱い説明書
・保証期間 6ヶ月
・品番 HANGSHD4
・JANコード/ISBNコード 4562331776451

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事

  1. 耳栓一体型水泳用ゴーグル
  2. お散歩ルミラバー(ハリオ)
  3. サーフボードに絵を描く方法
  4. 10月5日は湘南へ。ボードスティックスのワークショップを行います。
  5. キャセロール 電気グリル鍋 YGC‐800(山善)
ブログランキング・にほんブログ村へ

アーカイブ

PAGE TOP