クールシートエアロファン(イーバランス)

イス用のクーラー、座るときの暑さ対策に。

暑い季節にイスに座っていると、いくら部屋の温度を下げたところで、残念ながら、その効果はお尻にまでは行き渡ることはありません。

イスから立ち上がってみると、お尻や太ももの裏あたりが、汗でビッショリ、なんていうことになってしまうのは、何とも恥ずかしいものでもあります。

そこで今回は、お尻を冷やすための、イス用のクーラーをご紹介します。オフィスで使う一般的なイスのほか、ソファーや車のシートにも使えるのが魅力的な商品です。

お尻の下にヒンヤリした空気を通す、イス用のクーラー。

見た目は薄いクッションのような形状のシートながら、座っているときの暑さ対策になるというのが、クールシート エアロファン。イーバランスから販売されています。

このシート、ちょうど股下の辺りに設けられた空気吸込部から、空気を取り込み、お尻の下を通して、背中側に流す仕組み。座っていても蒸れや暑さを感じることなくなる、いってみれば、イス用のクーラーというわけです。

クールシートエアロファン、のおすすめポイントは、
・イス用のクーラーとして、お尻の蒸れや暑さから解放されること。
・背中の暑さ対策にもなること。
・一般的なイスのほか、ソファーや車のシートにも使えること。
・USBケーブルで電源が取れること。
・モバイルバッテリーも別売で用意されていること。
・シート裏面には滑り止め加工が施されていること。

このクールシートエアロファンは、取り込んだ空気をファンの力を使って、お尻の下を通し、背中側に抜けさせるというもの。

お尻が当たる部分には、スペーサーを設置することで、空気の通り道を確保。背中側に空気が抜けるので、背中にも適度な風を感じられるようになっています。

電源はUSBケーブルから、別売りで携帯用のバッテリーも販売中。

このクールシート、ファンを回す電源は、USBから取る仕組み。乾電池式と違って、電池切れの心配なく使えることも魅力的です。

また、アダプターを使用すれば、車のシガーソケットや電気コンセントから電源を引くことも可能。オフィスのデスクのほか、車の中や、リビングのソファーなどでも使用できるようになっています。

また、モバイルバッテリーを使えば、コードレスでの使用も可能。状況に応じて、アダプターやバッテリー(別売)を用意すれば、使い方も広がります。

このクールシートは、耐荷重は100kgまでと設計は強固、その上、シート裏面には滑り止め加工もされています。

これからの季節、集中して机に向かっていたら、いつのまにかお尻が汗でビチャビチャ、クールシート エアロファンを使えば、そういうことも無くなります。

※商品名 クールシートエアロファン(イーバランス)
・色 ブラック
・電源 DC 5V (USB給電)
・消費電力 1.8W
・本体サイズ 約410mmx610mm
・本体重量 450g
・USBケーブルの長さ 1.5m
・風量 114.75㎥/h
・騒音 40.3dB
・耐荷重 100kg(エアー吸込部を除く)
・材質 生地:ポリエステル100%/詰め物:ポリエチレンシート
・付属品 取扱説明書(保証書)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事

  1. ゴム製まな板 アサヒクッキンカット
  2. 汗をかいても気にならないシャツ。
  3. ブラジリアンワックス
  4. 夏のサンダル、今年は草サンダルはいかがですか。
  5. 中部電力の電気に関するお役立ちサイト「カテエネ」
ブログランキング・にほんブログ村へ

アーカイブ

PAGE TOP