HAPI MIX ハピックス(ドウシシャ)

素早くシャーベットが作れるコップ。

夏の暑い時期のおやつには、やはり冷たいものに限られます。

中でも、フルーツの果汁やジュースを使って作られたシャーベットは、冷たさと同時に、素材の味わいが楽しめ格別です。

とはいえ、シャーベットを普通に作ろうと思ったら、冷凍中のジュースを何度も撹拌する必要があったり、また、フードプロセッサーを使用する必要があったりと、思いのほか面倒です。

そこで今回は、簡単にシャーベットが作れる便利なカップをご紹介します。注いだジュースが、即座に凍っていくという工夫がなされたカップです。

注いだジュースがみるみる冷えて固まる、シャーベット用のカップ。

一見したところは、ポップなデザインのごく普通のカップ。ところが、実はこれHAPI MIX ハピックス、というシャーベットを簡単に作るための、いわばシャーベットメーカー。ドウシシャから販売されています。

シャーベットメーカーといっても、電気や電池は一切不要。もちろん、複雑な操作も一切ありません。

使い方も非常に簡単で、コップの形をした本体を予め冷凍庫で冷やしておき、そこにジュースを注げば、みるみる冷えて凍っていくというもの。

様子を見ながら、スプーンでかき混ぜれば、あっというまにシャーベットが出来上がる、とういわけです。

HAPI MIX ハピックス、のおすすめポイントは、
・簡単に、手早くシャーベットが作れること。
・電気や電池が一切不要であること。
・複雑な操作や、手入れが不要なこと。
・実勢価格が1,500円前後と、手頃な価格であること。

内側のアルミニウム合金が、ジュースに冷たさを効率よく伝えます。

HAPI MIX ハピックスは、本体が内側と外側の2層構造になっており、その上、間に蓄冷剤が埋め込まれた構造。

内側の面には、熱伝導性の高いアルミニウム合金が素材として使われており、これが蓄冷剤の冷たさを効率よくジュースに伝え、即座に凍っていくという仕組み。

そのため、使用前には10時間ほど本体を冷凍庫に入れて、冷やしておく必要がありますが、単に冷凍庫にいれておくだけでよいので、面倒なことはありません。

オレンジやグレープフルーツなど、定番のジュースはもちろん、ヨーグルトやチョコレートドリンクなど、アイデア次第でオリジナルのシャーベットが、いとも簡単に作れるようになります。

デザインも、ブルーの「ソーダ」、ピンクの「ベリー」、黄色の「レモン」と、夏らしいポップなカラーがラインナップされています。

暑い夏を乗り切るために欠かせない、冷たいおやつ、デザート。HAPI MIX ハピックスを使えば、手作りのシャーベットが楽しめるようになります。

※商品名 HAPI MIX ハピックス(ドウシシャ)
・デザイン 3種類(ソーダ、ベリー、レモン)
・付属品 スプーン
・サイズ Φ91×120mm
・容量 200ml(使用最大容量:180ml)
・重量 340g
・素材 外面、スプーン:ポリプロピレン/内面:アルミニウム合金
・温度 耐熱温度:50℃/耐冷温度:-30℃
・品番 DHFZ-17 ほか
・JANコード/ISBNコード 4549813615620 ほか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事

  1. 森永製菓の公式ノベルティ製作サービス、おかしプリント
  2. 電子レンジ ヘルシーシェフ MRO-SV3000 R(日立)
  3. 鮮度を保つしょうゆポンプ M(レック)
  4. 口コミで売れ続ける人気のシャンプー
  5. エアトースER(ノースビレッジラボ)
ブログランキング・にほんブログ村へ

アーカイブ

PAGE TOP