スマホで解錠ワイヤーアラームロック(サンコー)

スマホで開けられる、ワイヤー付のロック。

自転車の盗難防止のためなどに使われる、ワイヤー付の南京錠やロック。

これらのロックを解除する際には、実物の鍵を使ってロックを外すタイプと、数字を合わせるダイアル式のタイプと、大方は2つのタイプに分かれます。

鍵を使うタイプだと、当然ながら、鍵を持ち歩く必要があり、うっかり忘れた場合には、解除することができません。また、持ち歩く鍵の数は、できれば増やしたくないものです。

一方で、数字を合わせるダイヤル式の場合には、ついつい数字を忘れてしまう危険もあります。

そこで今回は、鍵の機能をスマホに持たせた、ワイヤー付のロックをご紹介します。今では常に持っていることが多いスマホを鍵として使えるので、鍵そのものや数字を忘れる心配がなくなります。

スマホを操作して解錠する、ワイヤー付のロック。

見た目は至って普通の、ワイヤー付のロック。本体のロック部分と、そこから伸びているワイヤー。自転車の盗難防止のためなどに使うものです。

ところが、このワイヤー付のロック、少々変わっていて、解錠する際に使用するのは、鍵ではなく、iPhoneやスマホ。

スマホを操作することで、ロックが外れるという、スマホで解錠ワイヤーアラームロック。サンコーから販売されています。

多くの人が常に携帯しているスマホやiPhoneが、鍵代わりになるため、鍵を持ち歩く必要もなく、数字を覚えておく必要もない、というわけです。

スマホで解錠ワイヤーアラームロック、のおすすめポイントは、
・スマホで解錠できること。
・鍵を持ち歩く必要がないこと。
・数字を覚えておく必要がないこと。
・スマホの位置によって、自動で施錠、解錠もできること。
・ワイヤーが切断されたり、振動が加わると警報音がなること。

スマホで解錠ワイヤーアラームロック、ワイヤーを通してロック本体のボタンを押せば施錠。解錠する際には、スマホのアプリで操作して解錠というのが、基本の使い方。

加えて、自動で施錠・解錠できるモードも搭載されているのも、この商品の特徴の一つ。

というのも、スマホとロックの距離を認識し、約10m以上離れると施錠、逆に近づくと解錠、というのが自動でできる機能が備わっています。このモードを使用することで、ロックのし忘れが防げる、というわけです。

ワイヤーが切断されると大音量の警報音。

このスマホで解錠ワイヤーアラームロックのもう一つの特徴といえるのが、万一のときには大音量の警報音、アラームが鳴る機能が搭載されていることにあります。

「振動を与えたとき」「ワイヤーが切られたとき」「バッテリーカバーのネジが開けられたとき」、この3つが起こると、110dbという大きな音で、キュインキュインと警報音が鳴る仕組み。

110dbといえば、鉄道が走るガード下に音と同じか大きいほど。しかも、比較的高温なので、より盗難防止効果が期待できるようになっています。

スマホさえ持っていれば、施錠・解錠ができる、スマホで解錠ワイヤーアラームロック。鍵を持ち歩く必要もなく、数字を覚えておく必要もない。しかも、万一の際には警報音も発してくれるという頼もしい商品です。

※商品名 スマホで解錠ワイヤーアラームロック(サンコー)
・サイズ ワイヤー:全長790×直径10mm/ロック:幅55×奥行き37×高さ93mm
・重量 230g
・対応OS iOS8以上/Android 4.3以上
・専用アプリ SLBLOCK
・通信方式 Bluetooth4.0
・防水性能 IP44
・アラーム音 110db
・電源 アルカリ単4乾電池3本(別売り)
・電池交換目安 約8ヶ月(使用状況により変動)
・動作環境 -10°~60°
・保証期間 6ヶ月
・同梱物 本体、精密ドライバー、日本語取扱説明書
・JANコード/ISBNコード 4562331774693

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事

  1. シンクにペタッと穴あきゴミ袋(ケミカルジャパン)
  2. 代償性発汗の方に着ていただきたいシャツ
  3. ピエリア 触らず測れるデジタル温度計(ドウシシャ)
  4. スマホの絆創膏(pitamo)
  5. 珪藻土バスマット
ブログランキング・にほんブログ村へ

アーカイブ

PAGE TOP