LED付き約5倍拡大鏡 S(KAI)

ライト付きの手鏡、暗い場所でもメイクの失敗がなくなります。

出掛け先で、ちょっとメイクを直したいときの悩みといえば、照明・明るさです。

たとえ手鏡を持っていたとしても、やはりある程度の明るさが無い場所では、細かい所までは見えづらいものです。特に、近年の節電志向もあって、公共施設の洗面所では、明るさを絞っているところも多いようです。

そこで今回は、ライトの付いた手鏡をご紹介します。4つ角にそれぞれライトが配置されており、適度な明るさが顔をしっかりと照らしてくれる手鏡です。

暗い場所でもメイクの失敗がなくなる、ライト付の手鏡。

開閉式の手鏡、その鏡の部分の4つの角にLEDライトが搭載されて、適度な光を浴びながらメイクができるというのが、LED付き約5倍拡大鏡。KAIブランドから販売されている人気商品です。

手鏡を使用する際には、通常の鏡よりも、顔と鏡の距離が近く、影ができやすいものです。

加えて、照明がさほど届かない場所であれば、なおさら映り映えも悪く、イメージ通りにメイクが仕上がらない、ということにもなりかねません。

そこで、ライトを搭載し、直接光を顔に当てることで、手鏡を使う際の「暗さ」の問題を解消したものです。

LED付き約5倍拡大鏡、のおすすめポイントは、
・手鏡自体にライトがついていること。
・場所を問わず、明るい状態でメイクができること。
・2つ鏡のうち、1つは5倍の拡大鏡であること。
・実勢価格が1,800円前後と、手頃な価格であること。

2つの鏡、1つは5倍の拡大鏡。細かいところもしっかり見えます。

このLED付き約5倍拡大鏡、ライトが付いていることで、いつでも明るい状態でメイクができるというほか、拡大鏡がついていることも特徴の一つ。

折り畳み式の本体を開けると、現れるのは2つの鏡。1つは、通常の平面鏡ですが、もうひとつが、5倍の拡大鏡。目尻やまつ毛など細かい所もくっきりと見えるようになっています。

同ブランドが手鏡を販売した当初は2倍の拡大鏡を採用していたものの、近年では、さらに拡大して見たいというニーズが多く、5倍の拡大鏡を採用、新たに商品として追加したというわけです。

電源にはリチウム電池を使用するタイプですが、購入時には試供用の電池が付属してくるので、直ぐに使えるという嬉しい配慮もなされています。

ライト付きで、5倍の拡大鏡もついた手鏡、これさえあれば、いつでも、どこでも使え、メイクに困ることが無くなりそうです。

※商品名 LED付き約5倍拡大鏡 S(KAI)
・カラー 白(ほかにブラックあり)
・サイズ 幅8×奥1.8×高11cm
・重量 72g
・素材 本体:ABS樹脂/鏡:ガラス
・使用電源 CR2032リチウム電池×2
・付属品 CR2032リチウム電池(試供用電池)×2
・JANコード/ISBNコード 4901601276589

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事

  1. ステンなべぞこくん(パール金属)
  2. 日経トレンディ1月号でワレット忍者が紹介されました。
  3. PULL&LOCK(プル&ロック)
  4. クビンスサイレントジューサー
  5. ダイヤ ベルトループハンガー(ダイヤコーポレーション)
ブログランキング・にほんブログ村へ

アーカイブ

PAGE TOP