グングン吸水激絞りワイパー・ミニ AZ262(アズマ工業)

スポンジ付きのワイパー、高い場所の水滴も拭き取れます。

湿度が高い梅雨の時期、色々なものが乾きづらい季節です。入浴後のお風呂場の壁もその一つです。

このお風呂場の壁についた水滴、もともと湿度の高い場所であるがゆえに、換気をしようが、乾燥機を稼働させようが、やはりこの時期、なかなか乾きません。

となると、素早く乾燥させるためには、一度水滴を拭き取ってしまうことが有効ですが、壁の上の方や天井面は高さがあるため、手が届きません。

そこで今回は、水滴をふき取るための、スポンジのついたワイパーをご紹介します。ワイパー型なので、高いところにも使えるようになっています。

高い場所についた水滴も吸い取れる、スポンジのついたワイパー。

長めの持ち手の先には、スポンジのついたワイパー。これが、グングン吸水激絞りワイパー・ミニ AZ262という商品。掃除用具などを製造・販売しているアズマ工業から販売されています。

長めのワイパー型になっているので、窓や壁の上の方や、天井面など、背の届かない場所についている水滴も簡単に拭き取れます。

グングン吸水激絞りワイパー・ミニ、のおすすめポイントは、
・高い場所にある水滴が拭き取れること。
・水滴が効率的に拭き取れるスポンジであること。
・スポンジに含まれた水分が絞れる機能がついていること。
・スペアのスポンジも販売されていること。
・実勢価格が1,000円前後と、手頃な価格であること。

スポンジ自体は、吸水性に非常に優れたものを採用。水滴がついた面に滑らせるだけで、グングン吸い取ってくれます。

スポンジに含まれた水分を絞る機能も搭載されています。

このグングン吸水激絞りワイパー・ミニ、通常であれば手の届かない場所についた水滴を拭き取るのに、非常に便利なグッズではありますが、実はもう一つ大きな特徴があります。

というのも、商品名に「激絞り」とあるように、スポンジに含まれた水分を簡単に絞る機能もついています。

グリップ部分についたボタンを押しながら引くと、先端のスポンジが縦に2つに折れ曲がる仕組み。スポンジが折れ曲がることで、含まれた水分が一気に絞り出せる、というわけです。

スポンジを、いちいちワイパーから外すことなく、また、手を汚すことなく、水分が絞り出せるようになっています。

使っているうちにスポンジが劣化した場合には、別途販売されている取替用のスポンジに付け替えればOK。もちろん、付け替える作業も非常に簡単です。

特に湿度の高い梅雨の時期には、水滴が原因となり、カビが生えたり、ニオイの原因になることが、お風呂場に限らず多々あります。

一度水滴を拭き取り、素早く乾燥する環境を作るためにも、グングン吸水激絞りワイパー・ミニ、1つ用意しておきたい逸品です。

※商品名 グングン吸水激絞りワイパー・ミニ AZ262(アズマ工業)
・サイズ 拭き幅:20cm/全長:43cm
・材質 ヘッド:ポリプロピレン/スポンジ:PVA
・重量 約230g
・JANコード/ISBNコード 4970190391041

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事

  1. 備蓄用の食料として最適、行列のできるパン屋さんの缶詰。
  2. 代償性発汗の方に着ていただきたいシャツ
  3. ダイヤ ベルトループハンガー(ダイヤコーポレーション)
  4. サンナホル ボディソープ 風にのって
  5. 水耕栽培器 グリーンファーム キューブ(ユーイング)
ブログランキング・にほんブログ村へ

アーカイブ

PAGE TOP