アイスバーメーカー(like-it)

円柱状の氷ができる製氷皿、水筒やマイボトル用に便利です。

外出する際に、水筒が欠かせない季節になりました。こまめに水分を補給することが、熱中症対策としても有効であることを考えると、水やお茶、スポーツドリンクなどは持って歩きたいところです。

となると、必要になるのが水筒やマイボトルですが、悩みとなるのは、中身を冷やすために入れる氷です。

自宅の冷凍庫で、一般的な製氷皿を使って作った角型の氷だと、サイズが小さいこともあり、さほど時間を経過しないうちに溶けてしまいます。

また、何より、自宅で使う分を考えると、氷を作る時間が追い付きません。

そこで今回は、円柱形の氷を作れる製氷皿をご紹介します。水筒やマイボトル用の氷用として、通常の製氷皿とは別に用意しておくと、とても便利な製氷皿です。

水筒やマイボトル用に最適な氷が作れる、円柱状の製氷皿。

出来上がりの氷のサイズは、直径が最大で約4cm、高さが10cm。円柱状の氷が、一度の3こ作れる製氷皿が、アイスバーメーカー。like-itブランドから販売されています。

このアイスバーメーカーで作った氷は、円柱状なので、そのまま水筒やマイボトルにすっぽりと入れられます。しかも、比較的大きなサイズということもあり、溶けにくいことも、暑い季節には魅力的といえます。

アイスバーメーカー、のおすすめポイントは、
・円柱状の氷が作れること。
・水筒やマイボトルに入れておけば、溶けにくいこと。
・縦型なので、冷凍庫の隙間スペースを活用できること。
・一度の3つの氷が作れること。
・アイスキャンディー用にスティックが付属していること。
・実勢価格が700円程と、手頃な価格であること。

一度に作れる氷は3つ。自分用はもちろん、家族の分や自宅用に使う分も作れます。

冷凍庫の隙間を活用できる、縦置きタイプ。

氷の製造が追いつかず、製氷皿を追加して購入するときに注意したいのは、冷凍庫に置けるかどうか、ということです。

一般的なお皿型の製氷皿の場合、当然ながら横置きタイプなので、それなりのスペースが必要になります。

この点、このアイスバーメーカーは、コップを3つ並べたようなイメージで、縦に置くタイプ。冷凍庫の隙間を活用できるようになっています。

また、このアイスバーメーカーは、単に氷を作るだけではなく、アイスバー・アイスキャンディーを作るために、持ち手用のスティックも付属してきます。

フルーツジュースや牛乳などと一緒にスティックをいれておけば、おやつとして、アイスキャンディーが楽しめます。

水筒やマイボトル持参が必須のこれからの季節、アイスバーメーカーが「氷」の悩みを解消してくれそうです。

※商品名 アイスバーメーカー(like-it)
・仕上がり氷サイズ 最大径4×10cm
・サイズ 約幅16×奥行5×高13cm(組立時)
・素材 本体:熱可塑性エラストマー/フタ・ベース・スティック:ポリプロピレン
・耐熱温度 本体:40度/その他:100度
・耐冷温度 本体:-40度/その他:-20度
・生産 日本
・カラー 2種類(ホワイト、ライトブルー)
・JANコード/ISBNコード:49-41860-120568 ほか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事

  1. 邪魔にならない物干し 室内物干しワイヤー pid 4M
  2. バロクック レクタンギュラー M
  3. 個人向けカーシェアリング Anyca(エニカ)
  4. 3D時計 マニフォールドクロック
  5. 折りたたみエコチェア(富士パックス)
ブログランキング・にほんブログ村へ

アーカイブ

PAGE TOP