KASATEBURA(傘手ぶら)(株式会社ヴェリー)

傘をカバンに掛けるための、便利なグッズ。

傘を持ち歩く機会の多い、鬱陶しい梅雨の季節です。

雨の降る屋外で傘をさしているならまだしも、面倒なのが、屋内や雨が止んだときの傘。片手は塞がるし、荷物になるしと、よいことがありません。

そこで今回は、傘を手持ちのカバンに掛けておくための便利なグッズをご紹介します。もちろん、カバンが濡れないよう工夫もなされたアイデア商品です。

カバンの持ち手に掛けて使う、傘ホルダー。傘が邪魔、がなくなります。

右手にカバン、左手に傘、雨の日に見掛ける光景です。ところが、これだと両手が塞がっており、カバン以外の荷物が持てなかったり、電話が掛ってきても出られなかったりと、非常に不便です。

それを解消するのが、KASATEBURA(傘手ぶら)、という画期的ともいえるグッズ。株式会社ヴェリーから販売されています。

このKASATEBURA(傘手ぶら)、商品名の通り、傘を持っていても手ぶらでいられるようにと開発された商品で、傘をカバンに掛けておくための、いわゆる、傘ホルダーです。

カバンの持ち手部分に、セットするだけと、使い方も簡単なのも非常に魅力的です。

KASATEBURA(傘手ぶら)、のおすすめポイントは、
・手持ちのカバンに傘を掛けておけること。
・持ち手につけるだけと、使い方も簡単なこと。
・傘が斜めに収納されるので、邪魔にならないこと。
・傘の収納部分はポリ塩化ビニルのため、カバンが濡れないこと。
・ビジネスバッグのほか、ショルダーカバンにも使えること。

このKASATEBURA(傘手ぶら)、傘を収納する部分には、ポリ塩化ビニル素材が使われています。

そのため、傘を収納する際に、傘についた水滴を落とすことは必要ではありますが、カバンが濡れることがありません。

傘を固定するために、様々な工夫がなされています。

カバンに傘を掛けられるといっても、ホルダー自体がカバンに固定できないとなると、傘がグラグラ揺れたり、それはそれで持ち歩きづらいことになります。

その点、このKASATEBURA(傘手ぶら)は、カバンによって異なる持ち手の幅に対応できるよう、ファスナーでサイズの調整が可能な上、補助コイルを使って、ホルダー自体を固定できる仕組み。

また、収納バッグは上下2か所でサイズが変えられるので、傘のサイズに合わせて調整することができます。

傘を収納する際には、傘の波に合わせて、巻きつけるようにすれば、スムーズに収納できます。

ありそうでなかった、カバンに掛ける傘ホルダー。傘を持つ鬱陶しさを解消してくれるアイデアグッズといえそうです。

※商品名 KASATEBURA(傘手ぶら)(株式会社ヴェリー)
・用途 鞄取付式傘ホルダー
・傘ホルダーサイズ 19×26cm
・収納バッグサイズ 22×29.5cm
・重量 本体:90g/収納バッグ込:130g
・素材 収納バッグ:ポリ塩化ビニル/ホルダー:ポリエチレン/面ファスナー:ナイロン/傘挿入筒部分:ポリ塩化ビニル
・JANコード/ISBNコード 4580442351008

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事

  1. 除加湿空気清浄機 KC-GD70-W(シャープ)
  2. Airpeak Speed(エアピーク スピード)(ビルマテル)
  3. 岩盤浴腹巻
  4. Getダニ捕獲シート
  5. furost(フロスト)
ブログランキング・にほんブログ村へ

アーカイブ

PAGE TOP