鍵のナンバーキーパーセキュリティシール(サンワサプライ)

鍵の型番とメーカーを隠すためのシール。

外出中に、鍵を落としたり、失くしたりしてしまったとき、鍵を見つけること、鍵が見つかることは、もちろん大事なことです。

ですが、さらに注意すべきは、その落とした鍵が、複製・コピーされていないかどうかを確認すること。

というのも、自宅用の鍵の中には、鍵の表面に型番やメーカーが刻まれているものも多く、専門店行けば簡単に複製されてしまいます。

複製されている危険があるならば、鍵ごと取り替えれば問題ありませんが、怖いのは、それを知らずに、その鍵を使い続けることです。

そこで今回は、鍵に刻まれた型番やメーカーを覆っておくためのシールをご紹介します。防犯対策の一環として貼っておくべきシールです。

シールを剥がした跡が一目瞭然、鍵の型番・メーカーを隠すためのシール。

自宅の鍵などをよく見てみると、その鍵のメーカー名や鍵の型番などが刻まれているものが多々あります。

これは鍵を複製・コピーする場合に無くてはならない情報ではありますが、それも自分の意志で複製する場合にのみ必要なもの。

鍵を落としたり、失くしたりした場合には、危険な情報になりかねないため、何らかの対策をしておきたいところです。

そこで、この鍵に刻まれたメーカーや型番を隠すためのシールが、鍵のナンバーキーパーセキュリティシール。サンワサプライから販売されています。

このシールの形は、2cm×1cmほどで楕円状。鍵のメーカーや型番をすっぽりと隠してしまう、というわけです。

鍵のナンバーキーパーセキュリティシール、のおすすめポイントは、
・鍵のメーカーや型番が隠せること。
・数字が印字されていること。
・貼り直しすると、目視で分かること。
・実勢価格が800円前後と、手頃な価格であること。

シールには個別に番号、剥がされると一目瞭然、危険と感じたら鍵の交換を。

この鍵のナンバーキーパーセキュリティシール、鍵のメーカーや型番を隠すことで、鍵の複製を阻止することが第一の使い方。

とはいえ、一旦剥がして、再度貼り直しされるという危険性も、もちろん考えられた設計。

というのも、シールは1セットの購入で5枚が付属。それぞれにシールには数字が印字されてあり、数字も連番になっています。

鍵が自分の手元を離れて戻ってきた際に、数字を確認して、番号が変わっていれば、シールが貼り変えらている証拠。

さらに、一度剥がして、再度貼り直したシールは、一目瞭然で分かるように、表面が部分的に剥がれる仕組み。

番号が変わっていることと、シールの剥がれ具合という、貼り直しに対する2つの対策がなされており、万一、危険と感じたときには、鍵ごと取り替える施策が打てるというわけです。

意外に見落としがちな、鍵に刻まれたメーカーと型番。

場合によっては、危険を及ぼす可能性もあるため、防犯対策の一環として、このセキュリティシール、貼っておいてはいかがでしょう?

※商品名 鍵のナンバーキーパーセキュリティシール(サンワサプライ)
・入数 1シート5枚入り
・製品品番 SL-5H-5
・シールサイズ W20×H10mm(楕円)
・JANコード/ISBNコード 4969887895160

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事

  1. LEDキャップライト 232B(ジェントス)
  2. 自由に成形できる樹脂、プラスチック、プラフレンド
  3. 諏訪田(SUWADA) 新型 栗くり坊主(諏訪田)
  4. ダニの駆除に威力を発揮、ダニ捕獲シート。
  5. 幼児用水筒に最適、ライトカップ(T-REX)
ブログランキング・にほんブログ村へ

アーカイブ

PAGE TOP