ナノ発電所SPS ソーラーパーソナルシステム

防災グッズの一つとして用意しておきたいソーラーパネル。

ソーラーパネルというと、ビルや家の屋根の上に広がる大きなパネルで、設置費用もそれなりに掛かる、というイメージです。

ところが、技術開発により、近年では、小型のソーラーパネルも販売されるようになり、同時に価格も抑えられれ、個人の自宅でも容易に導入できるようになりつつあります。

そこで今回は、いざ、というときのための防災グッズの一つとして用意しておきたいソーラーパネルをご紹介します。メーカー希望価格で約8,800円ほどの価格も魅力的なソーラーパネルです。

家庭用のソーラーパネル、非常時にスマホの充電やライトとして使えます。

ソーラーパネルは大きくてゴッツイもの。そういったイメージを覆し、約35cm四方というコンパクトなサイズに、わずか1.5kgという重量というのが、ナノ発電所SPS ソーラーパーソナルシステム、というソーラーパネル。

約35cm四方とコンパクトであるため、わざわざ屋根に乗せる必要もなく、ベランダに置いておけるサイズ。まさに、一般家庭で手軽におけるソーラーパネル、というわけです。

しかも、ソーラーパネル本体のほか、充電式バッテリーとLEDの照明がセットになっているのも特徴。

このソーラーパネルを使って発電させた電力は、スマホの充電や、付属するLEDライトの電源として使えるため、防災グッズとしての役割を果たせるようになっています。

ナノ発電所SPS ソーラーパーソナルシステム、のおすすめポイントは、
・約35cm×35cmとコンパクトなサイズであること。
・スマホの充電や、付属のLEDランプの電源に使えること。
・iPhone1台を90分で充電できること。
・メーカー希望小売価格が8,800円と、手頃な価格であること。

90分でiPhoneがフル充電できる、高い発電能力。

確かにソーラーパネルも、最近では安価なものも見掛けるようになりました。

ところが、そういったソーラーパネルの中には、蓄電するための時間が想像以上に掛かり、実際に使用することを考えたときに疑問、というものも少なくありません。

その点、このナノ発電所SPS ソーラーパーソナルシステムは、超高速ソーラー充電機能を備えているといえ、iPhoneであれば、わずか90分ほどでフル充電になる仕様。

また、LEDライトにいたっては、最も明るい設定でも9時間の連続点灯が可能なほどです。もちろん、発電自体も、晴天時だけではなく、薄曇りでもできるようになっています。

近年では、被災時にSNSを使った救助要請が功を奏したなどというニュースを耳にするほど、万一のときにもスマートフォンなどの携帯用端末が手放せない時代です。

ソーラーパネルを使ってのスマホの充電やLEDライト、普段使いやアウトドアにも活用できますが、何より、防災グッズの一つとして導入しておきたい逸品です。。

※商品名 ナノ発電所SPS ソーラーパーソナルシステム
・サイズ 344×344×32mm(角カバー含む)
・重量 1.5kg
・太陽光発電能力 15W
・モジュール種類:単結晶シリコン型
・充電所要時間 1.5時間 (4,400mAhバージョン)
・搭載充電池 リチウムイオンバッテリー
・充電容量 4,400mAh(16.3Wh)
・充電方法 本体ソーラーパネル、microUSB(充電時間はソーラーパネル部の数値と同じ)
・電池用途 USB出力(5V)/USBポート×3(全ポート合計最大2.1A)/LEDライト出力(同梱の専用LEDライトのみ接続可能)。
・スマートフォン充電 急速充電対応 (iPhone/iPad, Androidスマートフォン) ・表示機能 4灯インジケーター。充電残量、充電中
・安全機能 セイコー電子製コントローラ搭載保護回路、高温充電保護、過充電防止、過電流防止、ショート防止。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事

  1. 電子レンジで丼、ドン!ジャポネ。
  2. ホールリーフを使用しているからフレッシュでクリアな味を楽しめる紅茶
  3. 家具が簡単に移動できるスベリ材、カグスベール プロ 700L 2本入(ニチアス)
  4. ポータブルスーツハンガー
  5. 珪藻土バスマット
ブログランキング・にほんブログ村へ

アーカイブ

PAGE TOP