ジースナー(ボンボイド)

揚げ油の処理、の時短グッズ。

自宅で揚げ物をするのは良いけれど、面倒なのは、使った後の鍋に残った油の処理です。

次回も使える油であれば、オイルポットなどに移して保存しておくことになりますが、この油を移す作業が、思いのほか時間が掛ります。

鍋から直接、または、おたま等を利用してオイルポットに移すわけですが、ポットの中にポタポタと落ちていく程度で、スムーズに落ちていきません。

そこで今回は、非常にスピーディーに油を落とせる「油こし器」をご紹介します。一般的なオイルポットに比べると半分の時間で済ませられるというのが魅力的な商品です。

油をスムーズにポットに落とせる、油こし器「ジースナー」。

保存容器の口の部分にセットし、そこに鍋に残った油を入れると、通常のオイルポットに比べても、約半分の時間で油が流れ落ちるというのが、ジースナーという油こし器。ボンボイドから販売されています。

見た目は何の変哲もない油こし器でありながら、油の表面張力を利用して、スムーズに油を落とせるように工夫された商品。その技術は特許も取得しているほどです。

ジースナー、のおすすめポイントは、
・油がスムーズに流れ落ちること。
・シリコン素材のため、手入れがしやすいこと。
・オイルポットが不要になること。
・油を密閉した状態で保存できること。
・実勢価格が約1,600円と手頃な価格であること。

通常、オイルポットに油を入れると、油はポタポタと水滴状にゆっくりと落ちていきます。ですので、当然それなりの時間が掛ります。

その点、このジースナーは、油がひとつながりで流れるように落ちていくので、処理の時間を短縮できる、というわけです。

使用する際には、ろ紙としてキッチンペーパーなどセットし、油を注ぐだけ。面倒な作業は必要ありません。

フタ付のガラス瓶に保存すれば、油の劣化も防げます。

このジースナーを使うことで得られるもう一つのメリットは、オイルポットが不要になることにあります。

というのも、ジースナー自体は油をろ過するためだけのものなので、油を保存する容器としてはガラス瓶などOK。ガラス瓶の口の部分にジースナーをセットして使うイメージです。

となると、蓋付きのガラス瓶を使えることになり、保存の際にフタをすれば、完全に密閉した状態で油を保存できることになり、油の劣化や酸化を防ぐことができる、というわけです。

揚げ物の調理は一般的な家庭であれば、週に1回、多くても数回。それほど頻度が高いものでないので、油を空気に触れさせずに保存できるというのは、非常に魅力的です。

素材にはシリコンを使用してあり、手入れがしやすいのも使いやすい点です。

油の処理時間を短縮できて、しかも、密閉した状態で油を保存できるジースナー、家で揚げ物を調理するなら1つ手元に置いておきたいキッチングッズです。

※商品名 ジースナー(ボンボイド)
・保存ビン 口径:58mm以上~100mm以下を推奨
・素材 耐熱シリコーンゴム
・耐熱温度 200℃
・推奨ろ過紙 リードクッキングペーパー
・サイズ 高さ145mm 全幅:115mm 誘導棒の長さ:85mm ろか部直径(広いところ):50mm

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事

  1. スワンタッチ(タカハシ金型サービス)
  2. ダイヤ 乾燥ハンガー3P(ダイヤコーポレーション)
  3. ひんやりタオル 人気ランキング
  4. ペン型スキャナー辞書 ナゾル 英和モデル(シャープ)
  5. デスク下遠赤外線パネルヒーター パルサーモ マグネット取付
ブログランキング・にほんブログ村へ

アーカイブ

PAGE TOP