プロジェクト耐水ノートB6(オキナ)

雨の中でも文字が書けるノート。

屋外でスポーツをしたり、仕事をする際でも、メモやノートをとりたい場合があります。

ただこのとき、一般的な紙を使ったノートを使用すると、雨や汗でノートが濡れると、文字が書けなかったり、最悪の場合にはノートが破れてしまうこともあります。

そこで今回は、水を弾く紙を使用することで、濡れても問題なく書けるノートをご紹介します。屋外でノートをとる機会の方におすすめです。

雨が降っても、汗をかいても、普通に書ける、耐水ノート。

見た目はいった普通のリング式のノート。ところが、中身にポリプロピレンをベースにした合成紙を使用することで、耐水性を持たせてあるというのが、プロジェクト耐水ノート。文房具メーカーのオキナから販売されています。

このプロジェクト耐水ノート、その耐水性は100%。水に濡れても、用紙に水分が浸透することがありません。

そのため、雨の中でも、大汗をかいたてでも、鉛筆・シャーペンなどで普通に文字やイラストを書くことができます。もちろん、破れることもありません。

プロジェクト耐水ノート、のおすすめポイントは、
・耐水性100%であること。
・水に濡れても、普通に書けること。
・水に濡れても、破れないこと。
・用紙に方眼罫が入っていること。

耐水性を持たせて、紙の弱点を克服。

仕事でもプライベートでも、色々なものをメモする際には、最近ではスマートフォンやタブレットを使うことが優勢の時代です。

たしかに、操作にさえ慣れてしまえば、紙に書くよりも便利なことが多いのも事実です。

一方で、スマートフォンやタブレットの弱みは、水に弱いこと。雨の中や大量の汗をかいているときに使用すると、機械の故障の原因ともなります。

とはいえ、通常の紙であれば、水に弱いのは一緒。用紙が水に濡れると、メモしたものが消えたり、紙そのものが破けてしまいます。

その点、このプロジェクト耐水ノートは、水に弱いという紙の弱点を克服しており、屋外でノートをとることが多い方にとっては、強力な味方になってくれる、というわけです。

ノートサイズは、オーソドックスなものがB6版、B7版の2種類。このほか、迷彩柄などにデザインされたものも販売されています。

また、用紙には5mmの方眼罫が入っているので、用途を問わず使いやすくなっています。

濡れる可能性がある所で、メモやノートをとる機会の多い方におすすめの耐水ノートです。

※商品名 プロジェクト耐水ノートB6(オキナ)
・枚数 40枚
・規格 B6(128×182mm)
・仕様 ニューユポFGS/表紙PP、ブルー罫 5mm方眼
・JANコード/ISBNコード:4970051035633

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事

  1. 寝る姿勢は横向きがベスト、横向き専用枕
  2. 鍵の置き場所を忘れないためのアイデアグッズ shinoji3 Switch Plate
  3. ゴルファー向けギフトに最適なカード型ゴルフティー、マイティ。
  4. ticがESSE(エッセ)で紹介されました
  5. ボタンを付ける方法
ブログランキング・にほんブログ村へ

アーカイブ

PAGE TOP