Fotogenic/フォトジェニック(アイ・オー・データ)

スマホの写真を、パソコンを使わずに保存できる機器。

iPhoneやスマホやで写真を撮る習慣があると、あっという間に容量が一杯になってしまいます。

それらの写真を保存しておくためには、ネット経由でWeb上に保存する、いわゆるクラウドサービスが便利です。

とはいえ、Web上となると万一のことが起きらないとも限らず、できれば手元に保存しておきたいという方も多いはず。

そこで今回は、スマホやiPhoneで撮った写真を保存しておくための機器をご紹介します。

といっても、パソコン不要で直接保存ができるので、パソコンが苦手、パソコンを持っていない、という方におすすめです。

iPhoneやスマホと付属ケーブルでつなげば、直接写真が保存できるフォトジェニック。

iPhoneやスマートフォンにある写真を、そのまま転送して保存できるのが、Fotogenic/フォトジェニックという機器。アイ・オー・データから販売されています。

通常、iPhoneなどで撮った写真を、パソコンや別のハードディスクなどに保存する場合には、パソコンを使う必要があります。

ただ、手元にパソコンが無かったり、パソコンが苦手だったりすると、その作業は少々面倒。いくら写真を保存したいからといっても、わざわざそのためにパソコンを買うのも気が引けます。

そういうときに、このフォトジェニックがあれば、iPhoneやスマホと付属のケーブルでつなぐだけで、簡単に保存ができる、というわけです。

フォトジェニック、のおすすめポイントは、
・スマホやiPhoneの写真を、転送・保存ができること。
・デジカメのSDカードからも、転送・保存ができること。
・1TBと大容量(最大で写真18万枚分)であること。
・保存した画像は、外出先からでも見られること。
・専用アプリに、様々な便利な機能がついていること。
・コンパクトサイズであること。

フォトジェニックは、スマホやiPhoneからの転送だけではなく、SDカードが入れられるようになっており、デジカメで撮った写真も転送・保存ができます。

保存できる容量は、1TBと大容量。写真1枚あたり、5MBと計算すると、約18万枚もの写真が保存できる計算。

また、このフォトジェニック、約8.5cm×7.9cmに高さが13.6cmと非常にコンパクト。デスクの上などに置いても邪魔にならないサイズであることも特徴の一つです。

専用アプリを使えば、外出先から保存されている写真が見られます。

フォトジェニックは、単に写真を転送・保存するだけではありません。

専用アプリが用意されており、手持ちのiPhoneやスマホにアプリをダウンロードすれば、様々な便利な機能が使えるようになります。

例えば、外出先からスマホやiPhoneで、フォトジェニック内に保存してある写真が閲覧できるのも機能の一つ。

また、フォルダを作成して写真を整理したり、Instagramに直接アップすることもできます。

普段から写真を取りつつも、その保存場所に困っている、というのであれば、フォトジェニックの導入を検討されてみてはいかがでしょう?

※商品名 Fotogenic/フォトジェニック(アイ・オー・データ)
・サイズ 約85×79×136mm
・重量 約380g
・対応機種 iPhone、iPad、iPod touch、Android、Windowsパソコン、Apple Macシリーズ
・LANインターフェイス 転送規格:1000BASE-T、100BASE-TX、10BASE-T/コネクター:RJ-45×1(Auto-MDI/MDI-X対応)
・USBコネクター USB 2.0対応 Aコネクター×1
・SDカードスロット SD、SDHC、SDXC対応スロット×1(UHS-I対応)
・動作環境 LANインターフェイスを搭載し、TCP/IP通信が正常に動作する機種
・付属品 フタ、LANケーブル、ACアダプター、取扱説明書、設定シート
・保証期間 購入日より1年
・型番 HLS-PG1
・JANコード/ISBNコード 4957180127378

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事

  1. ビジネスマン向けプロモーショングッズにも最適なグッズ。
  2. iPhone用充電ステーション ロリオ・ケーブル収納付きLightning用充電ステーション。
  3. 結束テープなら、ふしぎテープ
  4. ミニモボールペン(オート)
  5. フジテレビ公式動画配信サービス「フジテレビオンデマンド」
ブログランキング・にほんブログ村へ

アーカイブ

PAGE TOP