Home BBQ(ホームバーベキュー)(レコルト)

丸洗いできる、ホットプレート。

自宅で焼肉やお好み焼きを楽しむために必須なのが、ホットプレートです。

テーブルの上で肉や野菜などを焼き、熱いまま食べられるのがホットプレートの魅力。家族や友人達との食事が一層楽しくなります。

とはいえ、このホットプレートは、使った後の後片付け、手入れが面倒というのが難点です。

肉を焼けば、油が跳ね、当然ながらホットプレート本体や周囲も汚れます。それを拭き取ろうと思っても、元々油汚れは落ちにくいため、すんなり綺麗にすることができません。

そこで今回は、丸ごと洗えるホットプレートをご紹介します。ヒーター部分が取り外せる仕様で、本体が丸ごと洗えるのが魅力的なホットプレートです。

プレートはもちろん、本体を丸ごと洗えるホットプレート「Home BBQ(ホームバーベキュー)」。

ホットプレート本体に飛び散った油汚れ。本体を丸ごと水洗いすることができれば、使った後の手入れが非常に楽になります。

それを実現したのが、Home BBQ(ホームバーベキュー)というホットプレート。レコルトブランドから販売されています。

このHome BBQ(ホームバーベキュー)は、ホットプレートを水に浸ける際にネックとなるヒーターの部分が取り外せる仕様。

そのため、本体を丸ごと洗うことができ、もちろん、台所用洗剤も使えるので、油汚れを気にすることなく使える、というわけです。

Home BBQ(ホームバーベキュー)、のおすすめポイントは、
・丸洗いできること。
・強力なヒーターを搭載し、強い火力が実現できること。
・2種類のプレートが付属していること。
・フタを立掛けられるスタンド付きであること。
・デザインがオシャレであること。

プレートは2枚、BBQ気分が味わえます。

Home BBQ(ホームバーベキュー)は、本体丸ごと洗えることが魅力的ではありますが、それはあくまで特徴の一つ。ホットプレート本来の機能として考えられた作りになっています。

まず、通常の平らなプレートのほか、穴の空いたプレートが用意されているのが、通常のホットプレートと異なるところ。

穴あきのプレートを使うことで、油がプレート内部に溜まらず、肉などをジューシーかつヘルシーに焼き上げることができます。これが、商品名のホームバーベキューの由縁になっています。

もちろん、油が落ちても問題ないように、油受け用の水トレイも付属。使用時には水を入れて使います。

また、ホットプレートを使用する際に邪魔になりがちなのがフタ。

ホットプレートの形状から、そのフタも大きく、テーブルの上を占領しがちですが、フタを立掛けるためのスタンドが付属しており、スマートに置いておくことができます。

火力調節の目安は3段階。フタをしない状態で110℃から、最大で250℃。

別売りにはなるものの、蒸し料理に使うための深鍋、ケーキ作りなどに便利な円形にくり抜かれたプレート、たこ焼き用のプレートなども用意されています。

ホットプレートを使っての食事を楽しみたい、けれど、後片付けや手入れを考えると躊躇してしまう。そういう方に、本体が丸洗いできるHome BBQ(ホームバーベキュー)、おすすめです。

※商品名 Home BBQ(ホームバーベキュー)(レコルト)
・サイズ 横42×奥行23×高さ16.5cm
・重量 約2.95kg
・素材 本体:ステンレス・フェノール樹脂・PBT樹脂/バーベキュープレート:アルミダイキャスト/フラットプレート:アルミ
・※プレートはともにフッ素加工
・消費電力 1200W
・定格電圧 100V 50/60Hz
・設定可能温度 約110℃、約190℃、約250℃
・セット内容 本体、フタ、フタ用スタンド、バーベキュープレート、フラットプレート、水トレイ、ヒーター、A4レシピ本
・保証期間 購入日より1年間
・カラー 2種類(レッド、ネイビー)
・JANコード/ISBNコード:4582180203809

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事

  1. プラフレンドとiPhone 大きさを比較
  2. レコルト イージーワインキーパー
  3. たためる抗菌まな板 Kaga(グリューセン)
  4. プラフレンド 温められるものを準備しよう
  5. 3Dペン 3Doodler create(ナカバヤシ)
ブログランキング・にほんブログ村へ

アーカイブ

PAGE TOP