ラクネル ソフトパイプ入りピロー(東京西川)

高さ調節が簡単にできる枕。

心地よく眠るために、こだわりたいものの一つが枕です。形や固さ、高さなど自分に合った枕を使うことで、良く眠れますし、また、眠りの質も高まります。

とはいえ、枕の高さは、常に一定の高さでよいというわけではありません。

というのも、寝る前に本を読んだり、スマホを操作したり、また、寝る姿勢にしても、仰向けや横向きだったり、さらに、体調によっても、枕の高さを少し変えたい、ということが多々あります。

そこで今回は、高さを簡単に調節できる枕をご紹介します。空気を出し入れすることで高さを変えられる枕ですが、操作が簡単なのが魅力的です。

枕の横から空気を出し入れすることにより、高さが調節できる枕「ラクネル」。

枕の横に設けられている空気口。この空気口から空気を出したり、入れたりすることで、簡単に枕の高さが変えられるというのが、ラクネル ソフトパイプ入りピロー。東京西川から販売されています。

このラクネル、高さを変えるための操作が簡単なのが大きな特徴です。

というのも、空気口のキャップを開けて、枕を上から押すと中の空気が抜け、それにより枕が低くなるというもの。

好みの高さになったら、キャップを閉めれば、その高さが維持できます。

逆に、高さを元通りにしたい場合には、空気口を開けておけば、勝手に空気が入り込み、元の高さまで自然に戻るようになっています。

ラクネル ソフトパイプ入りピロー、のおすすめポイントは、
・高さが変えられる枕であること。
・簡単に高さが変えられること。
・頭を置いたときに、後頭部にしっかりとフィットすること。
・両サイドが高くなっており、横向き寝にも対応していること。
・通気性がよいこと。

確かに、高さが変えられる枕というのは、他にも販売されています。ただ、中材の出し入れが必要なものが多く、それだと、簡単に調節というわけにはいきません。

その点、このラクネルの場合、枕の横の空気口のキャップの開け閉めだけで済むので、簡単に高さが調節できるのが魅力的です。

枕本来の機能も充実。

このラクネル、簡単に高さが調節できるほか、枕本来の機能としても、非常に使いやすく設計されているのも特徴です。

例えば、両サイドが若干高めに作られており、いわゆる横向き寝対応の枕であること。中心部からサイドに向けて高くなっています。

また、中央部分に少しヘコミを持たせてあるので、後頭部がしっかりフィット。逆に、首が当たる部分はやや高め。首をしっかりと支える形状になっています。

枕内部の上の方にはパイプが入れられており、これにより通気性のある枕に仕上がっています。

枕本体の洗濯はできませんが、カバーは洗濯可能。衛生的に使用することができます。

高さを簡単に調節できる枕、ラクネル。自宅で使用する通常タイプの枕のほか、携帯用のポータブルタイプ、また、ネックピローも販売されています。

その都度の枕の高さにこだわりたい方におススメの、ラクネルです。

※商品名 ラクネル ソフトパイプ入りピロー(東京西川)
・サイズ 約43×63cm
・カバー素材 表地:ポリエステル90% ポリウレタン10%/横・裏地:ポリエステル100%
・詰めもの素材 ポリエチレンパイプ
・中芯素材 側:ポリエステル100%/詰めもの:ウレタンフォーム
・JANコード/ISBNコード 4976008510406

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事

  1. iPhone用充電ステーション ロリオ・ケーブル収納付きLightning用充電ステーション。
  2. 挽き肉と作るなら家庭用ミンサー
  3. 面白い鍋敷き、タンブルトリベット(TOVOLO)。
  4. 非常用の照明に最適、水だけで光る!水ピカッ
  5. 2台目用小型洗濯機 マイセカンドランドリー
ブログランキング・にほんブログ村へ

アーカイブ

PAGE TOP