置き型ドライヤー HDR-S1(アイリスオーヤマ)

置いて使うタイプのドライヤー。

髪を乾かすために、ドライヤーを使用する際には、片手にドライヤーを、もう片方の手でブラシを持つのが普通です。

これだと両手が塞がっているために、髪を乾かすこと以外には何もできません。

また、もっと細やかにブラシを掛けたいと思っても、片手がドライヤーで塞がっていることが制限となってしまいます。

そこで今回は、置いて使うタイプのドライヤーをご紹介します。髪を乾かすときに両手が使えるという、これまでにない新しい発想のドライヤーです。

髪を乾かすときに両手が使える、置いて使うタイプのドライヤー。

テーブルや机の上に置いて使う、据え置きタイプのドライヤーが、アイリスオーヤマから販売されている、置き型ドライヤー HDR-S1、です。

この置き型ドライヤー、髪を乾かすときに、ドライヤーをいちいち手に持つ必要がないので、両手が自由に使えるというもの。

自由になった両手で、これまで以上に細かくブラッシングをしたり、また、読書やスマホ操作をしながらでも、髪が乾かせる、というわけです。

置き型ドライヤー HDR-S1、のおすすめポイントは、
・置いて使うタイプのドライヤーであること。
・髪を乾かすときに、両手が使えること。
・角度の調節ができること。
・吹き出し口が大きく、広い範囲に熱が届くこと。
・ハンドドライヤーとしても使えます。

据え置き型のドライヤーであることで、髪を乾かす以外にも、色々な便利な使い方ができるようになります。

例えば、ワンちゃんをお風呂に入れた後。じっとしていられないワンちゃんでも、両手が使えるので、スムーズにドライヤーを当てることができます。

また、爪の手入れ、ネイルを乾かす場合にも、両手分を一気に乾かすことができます。

送風角度は上下4段階に切り替えが可能。置く位置、風を当てたい角度により、調整ができるようになっています。

手に持ってハンドドライヤーとしても使えます。

確かに、髪を乾かす際に両手が使えるなど、ドライヤーが置いて使えることで得られるメリットは多々あります。

とはいえ、やはり用途によっては、片手に持って使いたい場合もあります。

その点、この置き型ドライヤーは、通常のドライヤーのように片手に持って使うことも想定されている、いわゆる二刀流。

重さも600gちょっとと、さほど重くないのでハンドドライヤーとしても使用することができます。

もちろん、ドライヤー本来の機能としても充実した作りになっています。

例えば、吹き出し口が大きめに作られていることで送風範囲が広く、一極集中型で風を当てるよりも、髪にとってダメージが少なく済みます。

ドライヤーを置いて使うという新発想の、置き型ドライヤー。髪を乾かす以外にも、色々な場面で活躍してくれそうです。

※商品名 置き型ドライヤー HDR-S1(アイリスオーヤマ)
・サイズ W120×D214×H193mm
・重量 665g
・風量モード 3段階(TURBO(風量強)、SET(風量弱)、COLD(風量強で冷風))
・電源 AC100V
・電源 1,200W
・風量 1.6m³/分(TURBO、ノズルなしの場合)
・運転音 50dB
・電源コード 1.6m
・カラー 3種類(パールピンク、パールブルー、シャンパンゴールド)
・付属品 吹き出しノズル
・JANコード/ISBNコード 4967576283243 ほか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事

  1. 挽き肉と作るなら家庭用ミンサー
  2. IH対応の燻製器、スモークポットIH ST-128
  3. オーラ岩盤浴 ダイエット腹巻
  4. メッシュ回転シート(ファイン)
  5. ペイントペン、ボードスティックス
ブログランキング・にほんブログ村へ

アーカイブ

PAGE TOP