収縮式ヘルメット オサメット

畳める防災用のヘルメット、机の引き出しに入ります。

突然の地震など、災害に備えておくべきなのが防災グッズです。

この防災グッズについて、モノによっては直ぐに手が届き、使える状態にしておくべきものが、少なからずあります。

例えば、ヘルメットもその一つ。

大きな地震の場合、棚からの落下物や、割れた窓ガラスが飛来することなどから、頭を守る必要があるため、普段から即座に頭に装着できる所に置いておくべきものです。

とはいえ、通常のヘルメットは、形といい、大きさといい、普段から手の届く場所に置くとなると、スペースを取り、家庭でもオフィスでも、邪魔になりがちです。

そこで今回は、折り畳むことができるヘルメットをご紹介します。折り畳めることで、書類のようにデスクの引出しにも入れておけるのが魅力的な商品です。

厚みがわずか4.5cmに折りたためるヘルメット、机の引き出しに入れておけば、いつでも直ぐに使えます。

普段は購入時に付属しているAサイズのボックスに入れて、机の引き出しや本棚などに収納しておけるヘルメットが、加賀産業から販売されている、収縮式ヘルメット オサメット

このオサメット、ヘルメット自体が4段階の蛇腹のように段々になり収縮させることで、折り畳めることができる仕組み。

畳んだときの厚みは、わずか4.5cm。置き場が悩みのタネとなっていたヘルメットが、机の引き出しや本棚などに入れられることで、咄嗟のときにも直ぐに使える、というわけです。

収縮式ヘルメット オサメット、のおすすめポイントは、
・折りたためること。
・収納時には、厚み4.5cmのA4サイズとコンパクトになること。
・簡単に組み立てられること。
・頭頂部に緩衝材がセットされていること。
・国家検定に合格していること。

使い方は簡単、ヘルメットの機能は検定合格レベル。

いくら収納に場所を取らないヘルメットといえども、使い方が複雑だったり、ヘルメット本来の役割を果たさないのであれば、意味がありません。

その点、このオサメットは、それら双方をしっかりと充たしており、厚生労働省による検定試験をパスしているもの。

実際に使う際には、簡単かつスピーディーに組立てることが可能。

被る側を指先で押しながら被れば、蛇腹部分は自然と広がり、同時に、3ヵ所のロックがカチッという音とともに掛かる仕組み。

要する時間は数十秒程度といったところ。もちろん、使い終わった後の収納作業も同じように簡単です。

また、衝撃から守る力を強めるために、頭頂部内側には発砲ライナー素材の緩衝材がセットされています。

カラーは、ホワイト、オレンジ、ブルーの3種類がラインナップされています。

置いておくのに邪魔にならないヘルメット、いざというときのために家庭でも職場でも用意しておきたい防災グッズです。

※商品名 収縮式ヘルメット オサメット(加賀産業)
・用途 飛来落下物用 収縮式ヘルメット
・頭囲寸法 55~64cm
・重量 約375g
・材質 ABS樹脂(帽体)
・カラー 3種類(白・青・オレンジ)
・型式 KGO-1
・付属品 A4収納ボックス
・備考 衝撃吸収用発泡ライナー付
・JANコード/ISBNコード 4580491834002

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事

  1. クビンスサイレントジューサー
  2. 浮き具つきのキッズ用水着。
  3. 裾上げテープのかわりに、オシャレなピン。
  4. 靴のクリーニングサービス
  5. ブラジリアンワックス
ブログランキング・にほんブログ村へ

アーカイブ

PAGE TOP