ビジネスマンの「汗」対策。

ビジネスマンの「汗」対策。

ビジネスマンの「汗」対策。汗を浸透させないワイシャツだから見た目が気になりません。

まもなく夏本番。クールビズといってもワイシャツを着用しなければならないビジネスマンにとっては非常につらい季節です。その辛さの原因は暑さ。この暑さによって汗、汗、大量の汗。

もちろん顔などタオルで拭えるところはよいとしても、問題はワイシャツにできてしまう汗染み。通勤や営業で移動したり、社内でも各所を動き回ったり、ちょっとした荷物運びなどをすると、大汗。この汗がワイシャツに作ってしまう汗染みは結構気になるものです。

そこで、「汗対策」が施されたワイシャツのご紹介です。パッドなどを入れているわけではなく、生地そのものが内側からの水分や汗を浸透させずに、汗染みを作らないという特殊な技術によって作られているのがフレッシュマックスシャツ。

通常ワイシャツなどに使われている生地(綿・ポリエステルなど)は水分が吸収されると当然ながら生地内部を貫通して、表面に浮き出てきます。これが外から見える汗染み。

ところが、フレッシュマックスシャツが採用している生地は、水分が表側に貫通することなく、水分が発生した表面や内部で拡散させることで蒸発スピードを高めるように作られています。

したがって、水分や汗が貫通することなく、また水分飽和を起こすこともないので、汗染みができない、という仕組みです。

しかも、驚くべきはこの生地が化学繊維ではなく、綿100%でできているという点です。

また、気になるのが「本当に汗が染みないのか」という点。この点については、日本国内の第三者機関による「汗染みの見えなくさ」という項目で試験を受けています。

試験結果は、最大評価が5の五段階評価(汗染みが見えないのが5)でフレッシュマックシャツはなんと4~5の高評価。通常の綿生地は1~2という数値であることからも、高い機能性が証明されています。

ビジネスマンの汗対策に、フレッシュマックスシャツ、おすすめです。

フレッシュマックスシャツ公式ストアはこちらから>>

フレッシュマックスブランドサイトはこちらから >>>
Amazonでお買い求めの方はこちらから>>
楽天市場でお買い求めの方はこちらから>>



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事

  1. シリコンが素材のシリコン粘土
  2. 汗が生地を貫通しないから「染み」にならないワイシャツ。
  3. ランニングしても中身が飛び出さないポケット!
  4. スーツケースのレンタル
  5. 塩分計 しおみくん SO-303(タニタ)
ブログランキング・にほんブログ村へ

アーカイブ

PAGE TOP