グリーンフィックス

1個ずつ丁寧に作られるサーフワックス。

1個ずつ丁寧に作られるサーフワックス。熱に強く、環境にも優しい、良いことだらけのグリーンフィックス。

多くのサーファーの方にとっての悩みといえば、サーフワックスが溶けてしまうこと。

夏場の車内の気温は50℃以上にもなり、ガレージ、倉庫などもそこまではいかなくても、気温は上昇します。また、冬場になると今度は車内・屋内は暖房による暖かさ。ワックスやボードの置き場所によってはワックスを溶かしてしまう恐れもあります。

もともとサーフワックスはどうしても熱に弱く、ワックス自体が温度の上昇によって溶けだしてしまうことでドロドロになってしまったり、せっかくワックスを塗って仕上げたボードも、ベースからやり直し、という経験をした方もいらっしゃるでしょう。

グリーンフィックス サーフワックスはサーファーのその悩みを解決するために生まれた「熱に強いサーフワックス」です。

最高耐熱温度は70℃(ワックスの種類によって異なります)。この温度にまで耐えられるとなると、夏場に車内に置きっぱなしでも溶けることはありません。

このグリーンフィックスは、フランス生まれ。なんとか熱に強いサーフワックスを作りたいと願っていたブランド創始者が研究を重ねて商品化に成功したものです。

とはいえ、工場の大量生産には不向きなようで、現在でも1個ずつ丁寧に手作りされています。利益重視の数量拡大路線とは真逆の考え方で、これまでサーファーが抱えていた悩みを解消して、楽しく有意義に使ってもらいたいというのがブランドコンセプトです。

グリーンフィックスのそういった想いは、原料にも現れており、石油系素材を使用することなく、環境にも配慮された作りになっています。そのため、人間の身体に害はないのはもちろん、海や砂浜を汚すこともありません。

通常のワーフワックスに比べて少々割高なのも、この辺りが要因となっています。

ただし、グリップ力も抜群、そして熱に強く、環境にも優しい、と良い所だらけのグリーンフィックス サーフワックス。ぜひ、お試しください。

グリーンフィックス ブランドサイトはこちらから
グリーンフィックス 公式ストアはこちらから
楽天市場でお買い求めの方はこちらから

グリーンフィックス サーフワックス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事

  1. 座れる傘 チェアブレラ(サンコー)
  2. トヨペット マスターライン
  3. ボタンつけが簡単 ticをプレゼント
  4. スチーミット(ブラックアンドデッカー)
  5. VACUVIN コルクスクリュー ツイスター 68814(バキュバン)
ブログランキング・にほんブログ村へ

アーカイブ

PAGE TOP