サーフボードに自分で色付けするのにおススメのペン。

サーフボードに自分で色付けするのにおススメのペン。

サーフボードに自分で色付けするのにおススメのペン。何といっても色の綺麗さが違います。

最近サーフボードにご自分で色付けしたり、好きなロゴやマークを書いたり、好きなアーティストのイラストを書いたりとボードを自分オリジナルにされる方が多いようです。

そこで、サーフボードに色づけしたり、絵を描いたりするのに、どのペンを使えばよいのか?ということになりますが、何といっておすすめはボードスティックス、というアメリカ生まれのペイントペンです。

いわゆる通常のペイントペンなどと比べてどこが良いのか、ということですが、まず仕上がりの発色・色の綺麗さが違います。お気に入りのボードにせっかく色付けするのですから、綺麗に仕上げたいものです。そういう意味ではボードスティックスの色の出具合はおすすめです。

また、水で修正できる点も魅力的です。いくら下書きをしてイメージを膨らませても、実際の色付けとなるとやはり人間、間違うこともあります。そういうときにもボードスティックスは、水で濡らしたタオルで拭くことでインクが落ちるので、失敗をおそれずにチャレンジできます。

なぜ、このボードスティックスがこのようなペンになったのか?それは、もともとサーフボードに色付けするために作られたからです。

ボードスティックスの開発者はサーフボードにアートを描くことを趣味にしていました。ところが、市販のペンを使って色を付けても思い通りの仕上がりにならないこと、また、修正できないことに不満を感じていました。

考えてみればそれも当然のこと。なぜなら、これまでサーフボードに色付けするときに使われていたペンの多くは、紙に色を付けるために作られているもの。ペン先の素材やインクの紙への滲み具合などが計算されています。

となると、サーフボードのような固いものに色を付ける際には、インクのノリや染み具合もイメージ通りにはいきません。そこで、「固い物」に色を付けるために作られたのがボードスティックス、というわけです。

お気に入りのサーフボードに自分で色付け。せっかく色を付けるなら綺麗に色付けしたい、そういう方に断然おすすめのペン、ボードスティックスです。

ペイントギャリーなどボードスティックス情報満載 公式サイトはこちらから>>
ボードスティックスのご購入はこちらから>>

ボードスティックス公式ストア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事

  1. ピザ窯 チムニー(武田コーポレーション)
  2. デジタルカメラ双眼鏡 LIVE REC 680R(ケーズウェーブ)
  3. 「ハンドメイド女子応援マガジン Ameri vol.2」でticが紹介されています。
  4. やり直しができる、プラスチック粘土。
  5. セールスプロモーショングッズとしてのtic
ブログランキング・にほんブログ村へ

アーカイブ

PAGE TOP