必要なダニ対策。

涼しくなったこの時期にも必要なダニ対策。

涼しくなったこの時期にも必要なダニ対策。夏の間動き回ったダニの糞や死骸はアレルギーの原因となります。

湿度の高くなる5~6月から活発化するダニの生息・繁殖。この活発に活動をしていたダニ達の動きが徐々に治まってくるのが、9月を過ぎてから。

この時期からのダニ対策で注意しなければならないことが2点。

一つは、徹底的な掃除・クリーニングです。

9月に入って気温が下がると夏の間、活発に活動していたダニが死んでいきます。このダニの死骸やまき散らした糞を徹底的に除去することが大事です。

というのも、ダニの死骸や糞はアレルギー活性が非常に高く、アレルギー反応を起こしやすいとする研究結果が出されていいます。

ダニの糞はミクロンの単位と肉眼では非常に見えにくいものでもあり、その小ささゆえに呼吸で体内に入ってしまうおそれがあります。

そうして人間の体内に入ったダニの糞がアレルギーの原因ともなり、喘息や皮膚炎、鼻炎などさまざまな症状を引き起こします。

特に小さなお子様のいらっしゃるご家庭では要注意なのが、小児喘息の原因がダニであることが非常に多いことです。

そのため、布団、ベッド、マットなどの寝具などは特に徹底した掃除・クリーニングが必要です。

二つ目は、さらなるダニ対策です。

涼しくなってくると、夏の間は使わずにいた掛け布団などを押入れから出すことになります。

問題はこの押入れやクローゼットの中で潜んでいたダニです。

常日頃から十分な換気、押し入れの中のものを出して掃除をしたり、天日干しなどをしていれば、そこまで心配する必要もありませんが、忙しい現代の人々にとって、それはなかなか難しいもの。

暗く湿度の高い状態はダニが生息・繁殖するのに最高の条件が整っていることになります。

押入れにしまっておいたものを使用するときには、十分に天日干しや掃除をしてから使うようにしましょう。

では、今後のダニ対策についてどうするべきか。おすすめのダニ対策は、ということになります。

乾燥した時期になるとダニの生息は減少すると言われておりますが、逆に、加湿器などで人工的に高湿度の環境を作り出してしまうこと、また暖房などで気温を高めに設定してしまうことなどから、しっかりしたダニ対策が必要になります。

やはり、手間をかけずに、ダニをキャッチし、さらに糞や死骸の飛び散りを防ぐ、ダニ対策シートがおすすめです。

殺虫剤を使用せず、小さなお子様がいらっしゃるご家庭でも安心して使えること。さらに、置いておくだけと、手間や時間をかけずに対策ができることで人気の商品です。Getダニ対策シート、おすすめです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事

  1. ねぎカッター(貝印)
  2. 無添加 泡で出てくるベビーせっけん 250ml(ミヨシ石鹸)
  3. 狭い場所にも設置可能、はしご型つっぱりランドリーラック ラダー
  4. カットペン(ナカバヤシ)
  5. 1人映画館 ソロシアター
ブログランキング・にほんブログ村へ

アーカイブ

PAGE TOP