サーフボードに絵を描いたらクリア処理を忘れずに。

サーフボードに絵を描いたらクリア処理を忘れずに。

サーフボードに絵を描いたらクリア処理を忘れずに。せっかく描いた絵やイラストを長持ちさせるために。

お気に入りのサーフボードをさらにお気に入りにするために、イラストや絵・アートを描かれる方が増えてきています。

ボードにペイントペンなどを使って描いた後は、クリア処理をすることをおすすめします。

クリア処理することで色の綺麗さが際立つことや、何よりインクが保護されることになります。せっかく描いた絵、いってみれば作品が少しでも長持ちするようにしたいところです。

※ただし、クリア処理をしても、固いものにぶつけたり、こすったりするとインクが剥がれることがありますので、その点はご注意ください。

で、クリア処理ですが、使用するのは透明のアクリルのエナメルスプレーです。

ペイントし終わったら、まずはインクが乾くのを待つこと。ボードにしっかりと絵を描くとなるとインクの量もそれなりになるので、ちょっと時間がかかりますが、そこは我慢。

このとき、早く乾かそうと思って、ドライヤーなどを当てる方がいらっしゃいますが、これには注意。ボードによっては熱に弱く、ボードそのものが変形してしまう場合があるので、当てるなら涼しい風。

完全にインクが乾いたら、スプレーを吹き付けます。吹き付けて、乾かして、これを最低でも2回。できれば、3~4回はやっておきたいところです。

ボードから30~40センチ近く離れた場所から、万遍なく、ムラなく薄く吹き付けましょう。吹付が終わったら、やはり乾くまでは我慢。

これを丁寧に繰り返すことで、ボードに描いた絵が長持ちすることになります。ちょっと面倒ですが、しっかりとやっておきたい作業です。

ちなみに、サーフボードに絵を描くなら、アメリカ生まれのペイントペン、ボードスティックスがおすすめです。

ペイントギャリーなどボードスティックス情報満載 公式サイトはこちらから>>
ボードスティックスのご購入はこちらから>>

ボードスティックス公式ストア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事

  1. 腹巻で岩盤浴効果
  2. ペットボトルを水筒にできる、おでかけランチくん ペットボトル用2段コップ ベルト付
  3. 日焼け止め塗り直しのタイミング、ご存じですか?紫外線対策に有効なリストバンド。
  4. iBULB SCOPE(アイバルブスコープ・スペックコンピュータ)
  5. 2014年おすすめのレッグウォーマー。
ブログランキング・にほんブログ村へ

アーカイブ

PAGE TOP