2015 クビンス ジューサー

栄養素・酵素を分解せずにジュースにできる「本格派ジューサー」。

2015年モデルが登場、クビンス ホールスロー ジューサー。栄養素・酵素を分解せずにジュースにできる「本格派ジューサー」。

昨今の、食品に関する芳しくないニュースを目の当りにして、身体のことや安心・安全のことを考えて、外食・中食を控えてご自宅で調理をされる方が、以前と比較して増えてきているようです。

この傾向はもちろん、ドリンク・ジュースについても一緒。ご家庭で、ジューサーを使って好みの果物や野菜をジュースにすれば、本当に新鮮なジュースが楽しめます。

ただし、このジューサー、その選び方は慎重にする必要があります。というのも、その多くは素材を中に入れて、「刃」を回転させることによってジュースを作るタイプのもの。もちろん、値段も手頃なので一般的といえば、一般的。

ところが、この刃を回転するタイプ。実は、素材の栄養素や酵素をジュースを作ると同時に壊してしまいます。また、なにより「音」。ガーガー・ゴーゴー・ガリガリする音は、最大で70~80dbにもなるといわれ、時間帯によっては、近隣の方のことを考えて使いづらい。

確かに、家で簡単にジュースを作れるのはよいのですが、この「栄養素を分解してしまう」こと、「音」が、ジューサーの長い間の問題ともされてきたのも事実です。

そこでの、これらのジューサーのデメリットを解消させ、人気を呼んでいるのが「クビンス ホールスロー ジューサー」です。

この、クビンス ホールスロー ジューサーは、刃を回転させてジュースを作るものではなく、イメージは石臼。石臼の原理を利用して、素材を低回転で圧搾しながらジュースを絞り出す方式。

素材に含まれる栄養素はもちろん、酵素を壊すことなくジュースを作ることができます。これらは、従来の高速型ミキサーや、ブレンダ―、ジューサーにはできなったこと。さらに、このクビンス ホールスロー ジューサーを使って作ったジュースの栄養素は、市販の100%ジュースよりも高い栄養素であることもデータが実証しています。

さらに、気になる音。一般的なジューサーが70~80dbといわれる中で、最大40~50dbとこれまでのジューサーに比べて非常に静かな動作。近隣はもちろん、家の中でのさほど気にせずにジューサーが使えます。

折角、やる気になっての家でのジュース作り。どうせなら、栄養素・酵素を分解せずにジュースができるクビンス ホールスロー ジューサー、おすすめです。

※クビンス ホールスロージューサー。
●商品名 クビンスホールスロージューサー(2015年型)
●型番 JSG-121W
●カラー ホワイト
●質量 (約)8kg
●外形寸法 (約)23 X 21 X 45cm(コードの長さ1.3m)
●定格電圧・周波数 AC100V・50/60Hz
●消費電力 約240W
●定格時間 30分
●材質 ABS、PC、STS304、 ステンレス
●セット内容
本体、容器ふた、押し込み棒、本体、スクリュー、ストレーナー、回転ワイパー,ドラム、
スマートキャップ、ジュースカップ、繊維質容器、豆腐用型セット(漉布含む)、
洗浄用ブラシ3種各1個、専用レシピ本、使用説明書、保証書
●メーカー保証 ご購入日より1年間
●注意事項 食洗器のご使用は出来ません。
※ご使用前に必ず使用説明を読み、操作などご理解いただき御使用ください。

クビンス ホールスロージューサー、2015年モデルのご購入はこちらから>>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事

  1. 透明になったらスタート!粘土のようなプラスチック。
  2. 氷専用の水筒、真空断熱アイスコンテナー FHK-2200(サーモス)
  3. キャベツの千切り専用ピーラー、ののじ キャベツピーラーライト(レーベン)
  4. ペットボトルつぶし 吸いまっせ!
  5. スナテック・レジャーマット
ブログランキング・にほんブログ村へ

アーカイブ

PAGE TOP