汗染み

ワイシャツへの汗染み対策商品、タイプは2つ。

「汗取りパッド」「汗取りインナー」「防水加工シャツ」「撥水加工シャツ」、様々ある汗染み対策商品、大きく分けてタイプは2つ。

ビジネスマンの方にとっては梅雨時のジメジメした季節、また、その後の暑い夏は非常に嫌な季節。その理由は「汗」。

朝自宅を出てからオフィスに到着するまでにすでに大汗、インナーを通り越してワイシャツに大きな汗染みが出来てしまっているという方も多いのではないでしょうか。

最近では「汗対策」商品として様々な商品が販売されていますが、その対策のコンセプトは大きく分けて2つ。

まずは、ワイシャツに汗が触れる前の対策商品として「汗ふきシート」「汗取りパッド」「汗取りインナー」「制汗デオドラント」など。これらは自分で拭き取ったり、インナーの時点で汗を吸い取ったり、汗そのものを抑えるためのもの。

一方で、ワイシャツそのものに「汗染み」を防ぐための工夫がされているものもあり、こちらもやはり人気になっています。「吸汗性」「速乾性」をうたったものや「撥水加工」」「防水加工」を施したものなど、様々です。

シャツそのものに対策が施されている様々なものの中で、おすすめなのが英国ブランド「フレッシュマックス」シャツです。

フレッシュマックスシャツは、生地に対する撥水加工・防水加工ではなく、生地そのものが汗を貫通させないような織り技術で作られています。

この織り技術は、撥水・防水のように汗を弾くような仕組みではなく、生地に吸収された汗の蒸発スピードを高める仕組みを採用しています。

生地そのものが汗染みを作らないということは、言い換えれば、に必要以上の加工を施すことを不要ということになります。

そのため、肌への触れた感覚、着心地も抜群に仕上がります。フレッシュマックスシャツが綿100%でできていることもそれを物語っています。

これからの季節、大量の汗とお付き合いしなければならないビジネスマンの方に非常におすすめです。

フレッシュマックスシャツ公式ストアはこちらから>>

フレッシュマックスブランドサイトはこちらから >>>
Amazonでお買い求めの方はこちらから>>
楽天市場でお買い求めの方はこちらから>>



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事

  1. 2016年の夏も熱い、熱中症対策を忘れずに。
  2. ヘッジホッグドライヤーボールズ(キッカーランド)
  3. 裾の長さを調整できるピン ヘムジェム
  4. スマホで解錠ワイヤーアラームロック(サンコー)
  5. ウィンブルドン 2015
ブログランキング・にほんブログ村へ

アーカイブ

PAGE TOP