液晶保護 フィルム

保護フィルムよりも衝撃に強いガラスコーティング。

スマホや携帯の液晶画面、衝撃から守るならフィルムよりガラスコート?

スマートフォンや携帯電話、何かの弾みでヒビが入ってしまった、なんていう経験のある方も結構いらっしゃるのではないでしょうか。

特にスマートフォンは、画面に直接触れて操作するため、ちょっとでもヒビが入ってしまうと使い物にならなくなって、泣く泣く交換というになってしまいます。

衝撃によるヒビや傷などから画面を守るために貼るのが保護フィルム。液晶画面を保護するためにはこの保護フィルムが現在は主流。

携帯電話ショップや家電量販店、ネット通販でも様々な種類の保護フィルムが販売されており、機種変更と同時に保護フィルムを購入される方がほとんど。

ところが最近、衝撃に強く使いやすい、と評判で徐々に人気が高まってきているのが、ガラスコートによる画面の保護。

保護フィルムの場合にはシート状のフィルムを貼るものですが、ガラスコートの場合、その多くは液体を塗り、それが乾燥することでガラスに変化し、画面を保護するもの。

イメージとしては車の窓ガラス。車の窓ガラスが衝撃に非常に強いとされているのは、このガラスコートによるもので、これをスマホや携帯の液晶保護に応用したものといえます。

何しろ、スマートフォンにガラスコートをした場合の硬度は、鉛筆硬度テストで9H、モース硬度テストで6、という非常に高い検査結果も出ているほど。これは、普段使用したり、通常生活している分には傷がつかないことを実証しています。

空気が入ったり、曲がったり、貼るのが煩わしいフィルム。ガラスコートなら数滴垂らして塗るだけ、と使いやすいの特徴です。

衝撃への強さのほか、フィルムを使った場合の難点としてその使いづらさがあります。

まず、貼る際に空気が入ってしまったり、曲がってしまったり。常に使用することが多いスマートフォンや携帯電話だからこそ、これは非常に気になるところ。

この点、ガラスコートの場合、液体を数滴垂らして伸ばすだけなので失敗することがありません。また、液体の性質上、非常にムラにもなりにくいので、フィルムを貼る作業自体、また、フィルム貼りを失敗した画面を見るストレスなどもフィルムの比ではありません。

さらに、ホコリや指紋が比較的付きやすいこと。またそれが取れにくいこともフィルムの難点。ガラスコートの場合、もともとホコリや指紋、汚れが付きにくく、付いたとしても柔らかい布でサッと拭うことで綺麗な画面に戻ります。

これからスマートフォンや携帯電話を新規に購入される方やこれから画面保護をお考えの方、ぜひガラスコートでの液晶保護、おすすめです。

【スマートフォンやタブレットの液晶保護にはガラスコート剤「スマピカ」】
●成分 フッ素系ポリマー素・ポリマー繊維素・セルロース繊維素・酸化チタン
●内容量 3cc
●パッケージサイズ 180×83×18mm
●重さ 15g

スマピカをAmazonでお買い求めの方はこちらから>>
スマピカを楽天市場でご購入の方はこちらから>>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事

  1. ミルクティーを作るなら、ぜひ牛乳で。
  2. ルルド みみホット AX-KXL512(アテックス)
  3. 防災寝具、72時間まで水に浮く敷布団 セービングフローター
  4. 指紋認証リーダー FP-RD3(サンワサプライ)
  5. 最高の加湿器、カドー 超音波式加湿器 HM-C610S(cado)
ブログランキング・にほんブログ村へ

アーカイブ

PAGE TOP