オーラ繊維

繊維の素材で選びたい、あったかグッズ。

ダウン・ムートン・カシミヤを上回る蓄熱性、オーラ繊維。

朝晩と気温も下がるようになり、今年も寒さ対策、あったかグッズが並ぶ季節になりました。首回りやお腹周り、足や腰、全身と、それぞれの部位に応じたあったかグッズが販売されていますが、その素材となる繊維についての話題です。

寒い時期に必要なのは蓄熱性。一度発生した熱をいかに保つか。この蓄熱性が腹巻などのあったかグッズを選ぶ際に基本とするべき機能性。温かい熱を発生させても、それを維持する蓄熱性がない限りは、身に着けた直後だけ暖かくて、少しすると冷えてしまう、ということになりかねません。

従来から、この蓄熱性に優れているとされているのが、ムートンやダウン。カシミヤなどもそれに該当するため、それらを利用したダウンジャケット、カシミヤセーターなどが販売されているのはお馴染みです。

一方で、近年このムートンやダウン、カシミヤよりも蓄熱性に優れているとされ話題になっているのがオーラ繊維。オーラストーンという天然の鉱石を使用した繊維です。

このオーラ繊維、繊維の熱をどの程度維持するか、という蓄熱検査で、ムートンやダウン、カシミヤなど圧倒するほどの数字を出しています。例えば、オーラ繊維とダウンを比較すると、測定開始から15分後には10℃以上もの差が出ています。もちろん、ポリエステルなどと比べてもその差は歴然としています。

遠赤外線の放射量、蓄熱性があったかグッズに最適。

このオーラ繊維の元になっている天然鉱石オーラストーンは、火山の爆発によって噴出したマグマが海底で急激に冷やされてできた鉱石。このオーラストーンからは遠赤外線の中でも、育成光線というごく限られた波長帯を出すことが判っています。

オーラ繊維は、触っただけで温かさを感じることができるほど。遠赤外線(育成光線)による温熱効果、蓄熱性。それにプラスしてオーラストーン特有の抗菌効果、消臭効果、抗カビ効果。これらがオーラ繊維が、温まりやすく、冷めにくい、蒸れにくいというあったかグッズに求められる素材として最適であることの理由です。

オーラ繊維製品のパイオニア「ユメロン黒川」。

このオーラ繊維をそれぞれの使用用途に応じて商品化しているパイオニアブランドが「ユメロン黒川」。ユメロン黒川は、オーラストーンの研究から、製品化までを実現、ここ数年でオーラ繊維関連商品を爆発的にヒットいる人気ブランド。

女性の元気はお尻から、ということで寝ている間の骨盤やお尻の冷えを解消するための「おやすみ・かぼちゃパンツCQ」。足首からふくらはぎを持続的に温める「オーラ エアウェーブ&レッグウォーマー」。岩盤浴の温かさをお腹にということで開発された「オーラ岩盤浴ダイエット腹巻」などが人気の上位。

特に、オーラ岩盤浴ダイエット腹巻は、レース生地を採用、しかも薄手なのでアウターにも影響しないこともあり、使いやすいと非常に人気の商品です。

2015年、この冬のあったかグッズ、素材にこだわってみてはいかがですか?

※オーラ繊維使用「おやすみ・かぼちゃパンツCQ」
・サイズ 約30Cm×38Cm(ウエストサイズ:58~95cm)
・重量 約140g
・表地 ポリエステル・ポリウレタン
・中わた ポリエステル(天然鉱石オーラストーン含有)
・裏地 ポリエステル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事

  1. 裁縫道具がなくてもボタンがつけられる
  2. 瀬戸内海産の塩で作った塩まくら(ナイスデイ)
  3. 珪藻土バスマット
  4. 汗染みを作らないフレッシュマックスシャツ
  5. 応急処置のようで、実は応急処置ではない、簡単ボタンつけ。
ブログランキング・にほんブログ村へ

アーカイブ

PAGE TOP