クリスマスイルミネーション、電気代がかからない。

クリスマスのイルミネーション、最近では電気代を抑えてできるようになっています。

最近ではソーラーパネルを利用、電気代がかからないイルミネーションまで登場しています。

太陽光を利用、電気代ゼロのクリスマス・イルミネーション>>

クリスマスまで一か月ちょっと。街の装飾も徐々にクリスマス仕様になり、こども達はもちろん大人も、なんだかソワソワ、ウキウキする季節です。

クリスマスといえば、イルミネーション。東京では表参道やミッドタウンなど、メジャースポットに出掛けるものよいですが、庭やベランダなど自宅に飾るのもイルミネーションの楽しみ方のひとつ。

数年前まで大流行を見せていた自宅でのイルミネーションですが、電気代の高騰などで、一旦その勢いも落ち着きを見せましたが、昨年あたりから復活の兆しが見えています。

やはり寒い冬の夜空を彩るイルミネーションの魅力が理由のひとつでしょうが、長時間点灯しても、かかる電気代を抑えることができるLEDを使用したイルミネーションが販売されるようになったことも大きな理由です。

使用電球がLEDへ変更されたことで、従来の1/4から1/10程度の消費電力で済むようになっています。また、電球の寿命も数万時間とこれまでには考えられなかった長寿命が実現されています。

さらに進んでいるのか、ソーラーパネルがセットになっているイルミネーション。小型の太陽光発電とイルミネーションがセットになっているもの。

イルミネーション ソーラー(太陽光)防滴LEDライト100球ストレート(全4色)がそれ。

付属のソーラーパネルを土などに差し込み設置、日中、太陽光を使用して発電。それを蓄積しておき、日没後イルミネーションを点灯する際に使用。こうすることで、電気代がゼロになるという、経済的にはもちろん環境にも負担をかけずに済む、というわけです。



イルミネーションは形も進化、ストレートタイプのほか、網目タイプ、つららタイプ、さらには、チューブ型やテープ型まで。

イルミネーションといっても、最近では様々なタイプが販売されており、飾る場所や好みに応じて選べるようになっています。

オーソドックスなのは、コード1本にライトが連なっているストレートタイプ。クリスマスツリーや庭にある木などに巻きつけるのに最適なもの。

ベランダやテラス、壁などに広げるのに最適なのがコードが網目状になっているネットタイプ。ダイナミックに飾りたい場合には、つらら状にコードを垂れ下げることができるつららタイプ

ちょっと変わったタイプでは、チューブの中にライトが埋め込まれたチューブタイプ。このチューブタイプは自在にチューブを曲げることができるので、柱に巻きつけたりするのにも便利。

また、壁やガラスなどに貼り付けできるようにテープタイプのイルミネーションは、ガラス窓や扉、柱や壁に貼り付けできるほか、お店の看板やショーケースなどにも利用できます。

ここ数年イルミネーションを控えていた方にとっては、進化を感じられるようになっているイルミネーション、今年は久々に飾ってみてはいかがですか?

太陽光を利用、電気代ゼロのクリスマス・イルミネーション>>



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事

  1. ボタンつけがあっという間、tic。
  2. エレベーター用防災グッズ、簡易トイレ
  3. ブラインド専用ブラシ、ブラインド専用クリーナー
  4. ダニシートなら置くだけでダニ対策ができます。
  5. 家庭用みそ汁サーバー、椀ショット 極(マルコメ)
ブログランキング・にほんブログ村へ

アーカイブ

PAGE TOP