無水調理 専用鍋 シャープ ホットクック

メリットが大きい無水調理、家電タイプなら手間なく便利。

濃厚な素材の味や栄養素が壊れにくいことで人気の「無水調理」。スイッチひとつで料理を完成させてくれる無水調理鍋が注目されています。

家電量販店に行けば様々な種類の調理家電。この分野で最近注目を集めているのが「無水調理」ができる鍋。

無水調理とは、水を使わずに素材・材料の水分だけで料理を完成させるというもの。カレーやシチュー、スープに煮物、これらをほとんど水を使わずに作り上げることで、素材の旨みがギュッと凝縮され、濃厚な仕上がりになります。

しかも、通常ならば、水を入れてグツグツすることで分解されてしまう栄養の損失も最小限に抑えられるため、一石二鳥の調理方法として、最近再び脚光を浴びてきており、無水調理用の鍋も様々販売されています。

ところが、この無水調理、デメリットとしては時間がかかること、そして目を離せないこと。もともと水分を少なくしているため、弱めの火で時間をかけて調理するものであり、その分目を話すこともできないということになります。

そこで、電気のチカラを使いスイッチひとつで無水調理を完成させてくれる、調理家電としての無水調理鍋が注目されています。それが、シャープから販売されている「ヘルシオ ホットクック」です。


自動で無水調理ができる鍋
「シャープ ヘルシオ ホットクック」

楽天市場で見る>>
Yahoo!ショッピングで見る>>
Amazonで見る>>

火加減はもちろん、中の具材を混ぜるのもすべてお任せ。忙しい方にピッタリの無水調理鍋。

シャープのヘルシオといえば産学共同開発したウォーターオーブンから始まり、健康指向の調理家電のブランドとして知られています。このホットクックは、そのヘルシオブランドの無水調理鍋、ということになります。

炊飯器のような形をしたホットクック、早い話が、材料を入れてスイッチを入れれば、後は勝手に無水調理を完成させてくれるというもの。家電というだけあって当然、熱源は電気。つきっきりでいる必要もありません

一方で、このホットクック、フタをして熱を入れるだけということで簡単な家電をイメージしたいところですが、そうではありません。無水という非常に難しい調理であるがゆえに、様々な工夫がなされています。

まず、調理中に必要な水分。無水調理の場合には元々の水分が少ないがゆえに、水分自体が貴重です。その貴重な水分を鍋の中で効率よく循環させるために、フタに付いた水分が鍋に落とすようになっています。

また、料理によっては当然、調理途中に混ぜる必要があるものも。その場合には、付属の「まぜ枝ユニット」をセットすれば、加熱状況に応じて自動で混ぜてくれるので、無水調理にありがちな仕上がりのムラもなくなります。

そのほか、メニューに合わせたコース設定が用意されていたり、タイマー予約機能なども当然付いています。

素材の旨みを活かし、濃厚で美味しく、さらに栄養分の損失も少ない無水調理、忙しい方でも簡単に使えるヘルシオ ホットクック。共働きでお子さんがいらっしゃる家庭などには最適かもしれません。

※シャープ 無水調理鍋 ヘルシオ ホットクック
・付属品 蒸し板/保存専用ぶた/メニュー集/メニューガイド/取扱説明書
・電源 交流100V 50-60Hz 共用
・定格消費電力 600W
・定格容量 1.6L
・設定温度(発酵) 35~65℃
・最大予約調理時間 12時間
・外形寸法 幅364×奥行280×高さ224(mm)
・質量 約5.2kg
・電源コードの長さ 約1.8m(マグネットプラグ方式)
・メニュー集掲載数 100(自動メニュー85/手動メニュー15)


自動で無水調理ができる鍋
「シャープ ヘルシオ ホットクック」

楽天市場で見る>>
Yahoo!ショッピングで見る>>
Amazonで見る>>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事

  1. 家庭用製氷機 405 新型高速製氷機
  2. サーフィン オリンピック
  3. 家具が簡単に移動できるスベリ材、カグスベール プロ 700L 2本入(ニチアス)
  4. パロット フラワーパワー(Parrot Flower Power)
  5. ボダム ダブルウォールグラス 250ml
ブログランキング・にほんブログ村へ

アーカイブ

PAGE TOP