ネジザウルスM2 PZ-57

ネジが壊れて回せないときに救世主となるアイテム、2つ。

合わないドライバーを入れて力任せに回してみたら、ネジ山(穴)が崩れてどうにもならなくなった、そんなときには「ネジザウルス」。

日曜大工、DIY、家具など身の回りにはネジで固定されているものばかり。こういったものは、一度組み立てれると、あまり外すことがないものも多く、プロの方や日曜大工が趣味の方以外は、ドライバー・ネジの扱いに慣れていない方も意外と多いもの。

そういう方にありがちなのが、ねじ回しの作業で、サイズの合わないドライバーを入れて力任せに回してみたり、ネジ穴に入れたドライバーを滑らせてしまったり。

すると、ネジの穴が削れてしまい、どうすることもできずにお手上げ。もう、イライラモード全快。

そんな悩みを解決してくれるのが、エンジニアから発売されている「ネジザウルス」というペンチ状のアイテム。

潰れてしまったネジやドライバーの合わない特殊なネジ、錆びついてしまったネジが簡単に外せる、という画期的、かつ優れた商品。


壊れたネジが簡単に外れる超便利グッズ「ネジザウルスM2 PZ-57」

普通なら諦める必要があるネジを回せるというネジザウルス。その秘密は、ペンチのような形をしいるそのその先端部分にタテ溝が掘られていること。これにより、十字部分などネジ穴を使わなくても、ネジそのものの外周を掴んで回せるようになっています。

このネジザウルスさえあれば、諦めていたネジが外れるかもしれません。

※ネジザウルスM2 PZ-57
・品番 PZ-57
・サイズ 120mm
・刃部硬度 HRC56±2
・材質 高炭素鋼
・重量 100g
・外せるネジの目安 先端くわえ部 φ2~3.5㎜/φ3.5~5.5㎜
※ネジザウルスはこれ以外にも様々なサイズが用意されています。


壊れたネジが簡単に外れる超便利グッズ
「ネジザウルスM2 PZ-57」

楽天市場で見る>>
Yahoo!ショッピングで見る>>
Amazonで見る>>

「ネジザウルス」でも回らい、ネジが平らな「皿ネジ」タイプの場合には「ネジすべり止め液」。

ネジ穴が壊れたときのための必殺アイテムとして「ネジザウルス」をご紹介しましたが、ネジザウルスはペンチタイプなので、ネジの外周をつまんで回すもので、ネジが平面より少し出ている必要があります。

となると、残念ながらネジが表面より出ていない皿ネジなどの場合には、使えないことになります。そういう場合は、これANEXから発売されている「ネジすべり止め液」。

この「ネジすべり止め液」は、ネジ穴の破損によりすべってしまう穴に液体を垂らすことで、ドライバーとネジ穴の摩擦が増強されるような仕組み。

ドライバーの先端部分やネジ溝に1~2滴を垂らし、ドライバーを垂直に立て押しつけながら回せば、簡単にネジが回るようになります。

ネジ穴が壊れた際はもちろん、ネジ溝とドライバーのサイズが合わなかったりするときにも使え、結構重宝しします。値段が手頃なのも嬉しいところ。

ネジザウルス」と「ネジすべり止め液」、この2つを上手く使い分けることで、壊れて諦めていたネジを回すことができるようになるかもしれません。

※ネジすべり止め液 ANEX
・メーカー型番:No.40
・仕様:摩擦増強液
・セット内容:ビスすべり止め液
・材質:増粘液、アルミナ系鉱物、水


皿ネジやネジ溝とドライバーのサイズが合わないときにも使える
「ネジすべり止め液」

楽天市場で見る>>
Yahoo!ショッピングで見る>>
Amazonで見る>>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事

  1. 電子ルーペ 400-CAM047(サンワサプライ)
  2. 電気オイル調理器 ディープフライヤー EB-RM6400A(ROOMMATE)
  3. ボタンのつけ方 ticを使って簡単に
  4. ボタンの付け方忘れてしまっていたら。
  5. アーティスト 天野宙亜氏
ブログランキング・にほんブログ村へ

アーカイブ

PAGE TOP