薄型窓アラーム衝撃開放センサー 窓ロック  SE57(ヤザワコーポレーション)

窓への防犯対策、窓が開いたり、衝撃が加わると大音量アラームで知らせてくれる警報装置。

窓を開けた状態でも使えるのが嬉しい、窓が動く、開く、衝撃が加わるで大音量の警報音がなる、窓の防犯対策。

日々新聞やニュースを見ていると、空き巣や強盗などの事件が非常に多く、各自各家庭で防犯対策をしっかり行うことが必要であることを再認識させられます。

特に、鍵については本当に注意が必要。玄関や窓、出掛けるときにはもちろん、在宅中でもちょっと離れたところにいたり、テレビや音楽の音で不審な音が聞こえなかったりすることも多く、できる限り家の中の鍵は閉めておきたいところです。

とはいえ、窓については、空気の入れ替えも必要ですし、締め切った状態を続けるとさすがに息苦しいこともあり、開けたままにしておきたいこともあるのは当然

この窓を開けっ放しにした状態で、何とか防犯対策ができないものかと開発されたのが、「薄型窓アラーム衝撃開放センサー 窓ロック」という窓に取り付けるタイプの警報装置、ヤザワコーポレーションから発売されており、人気になっています。

これまでにも、窓に取り付けるタイプでセンサー内蔵型の警報装置は各メーカーから販売されていますが、ほとんどが窓を閉めた状態でなければ使えないもの。就寝時や外出時を想定したものでした。

ところが、この薄型窓アラーム衝撃開放センサー 窓ロックは、窓が開いたまま状態でも使えることで、在宅時に窓を開けておきながら、他の部屋にいるような場合でも使用できる点が大きな特徴です。言ってみれば、防犯と換気を両立できるという、魅力的な警報装置でもあります。


窓の防犯対策。窓が開いたり、衝撃が加わると大音量のアラーム。
「薄型窓アラーム衝撃開放センサー 窓ロック SE57(ヤザワコーポレーション)」

楽天市場で見る>>
Yahoo!ショッピングで見る>>
Amazonで見る>>

アラーム音量は約90デシベルで、もはや地下鉄の轟音レベル。これなら防犯対策としてしっかり機能します。

この薄型窓アラーム衝撃開放センサー 窓ロックですが、窓が開いたり、衝撃が加わった際には、大音量のアラームで知らせてくれるわけですが、これがなんと90デシベル

これは、もはや地下鉄の騒音レベルの音であり、在宅時であれば、就寝中でもほとんどの人が気づくほどの大きさ。掃除機をかけていたり、音楽を聞いていたりしても、おそらくは大丈夫であろう、というほど。逆にいえば、外から不審者も、その音の大きさに驚き、逃げるしかないほど、ということになります。

アラームが鳴る状態の「警戒モード」は、スイッチ一つでON・OFFが切り替えられるので、使用に際して煩わしさを感じることもありません。

年々物騒になっているような気がする世の中です。自分や大切な家族を守るためにも、防犯対策、一度検討してみる価値はありそうです。

※薄型窓アラーム衝撃開放センサー 窓ロック SE57(ヤザワコーポレーション)
・サイズ 75mm×H 38mm×D 8〜35mm
・重量  約48g
・カラー  ブラウン/ライトグレー
・パッケージサイズ W 140mm×H 170mm×D 10mm
・包装形態  スライドブリスター
・材質  ABS樹脂
・付属品 マグネット
・使用電池 コイン型リチウム電池CR2032(テスト用電池1個付属)
・電池寿命 約3年間(日本製新品電池使用・アラームを1週間に1回確認した場合、電池の性能や使用条件により異なります)
・音量 約90dB/m
・マグネットサイズ 約W10×H36×D12mm
・マグネット重量 約9g


窓の防犯対策。窓が開いたり、衝撃が加わると大音量のアラーム。
「薄型窓アラーム衝撃開放センサー 窓ロック SE57(ヤザワコーポレーション)」

楽天市場で見る>>
Yahoo!ショッピングで見る>>
Amazonで見る>>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事

  1. 耳裏専用スポットバーム(ノカレ
  2. ダニの好む湿気、湿気のある場所には必ずダニ対策を。
  3. サーフボードにペイント、自信がないなら、まずはフィンから。
  4. プラフレンドとiPhone 大きさを比較
  5. 液晶保護 ガラスコート
ブログランキング・にほんブログ村へ

アーカイブ

PAGE TOP