汗染み対策用シャツ

汗染みをなくす方法を研究してできたシャツ。

天然素材を使って、パッドを使用せずに、シャツの汗染みをなくしたかった

好評販売中の、汗が染みない、綿100%のワイシャツ、イギリスブランド・フレッシュマックスシャツのお話。

シャツの汗染みに悩んだ2人の英国人、オリバー・ヴァン・エムデンとブラッドリー・ローズは、まだ学生であった頃から、脇の下や背中など、シャツの汗染みができす方法を研究してきました。

彼らの目指す方向は、
●化学繊維を使いたくない。
●生地に撥水加工をしたくない。
●わき汗パッドは使用したくない。

2人で始めた研究は、様々な困難に直面しながらようやく実を結ぶときがきました。

生地の織り方そのもので、水分を貫通させない方法、技術を開発しました。

通常の生地は、水分に触れると吸収し、貫通します。当然、汗じみができてしまいます。しかしながら、2人が開発した技術で織った生地は、水分にふれてもその水分を貫通せずに外側へ広げることができるものでした。

水分を外側へ広げることで、さらに外側へ広がり、拡散させることで、水分飽和を防ぐことができるのです。また、水分が拡散して表面積を広げ、蒸発スピードを早めることで、次から次へと吹き出る汗にも対応し、汗染みを防いでいます。

2人は、当初目指したものを綿100%の天然素材を特許技術で実現させました。

この「汗染みしない度」、日本国内でも第三者機関で試験を実施したところ、一般の綿生地に関しては1~2等級(5段階評価・最大値5等級)という数値が、フレッシュマックスシャツは等級4~5という非常に高い評価を取得。綿100%素材のシャツとしては、驚異的な数字であることがおわかりいただけたかと思います。

ワイシャツの買い替えご検討中の方、フレッシュマックスシャツはいかがですか?

フレッシュマックスシャツ公式ストアはこちらから>>

フレッシュマックスブランドサイトはこちらから >>>
Amazonでお買い求めの方はこちらから>>
楽天市場でお買い求めの方はこちらから>>



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事

  1. プラフレンド 温められるものを準備しよう
  2. 贈り物に化粧欄。
  3. 珪藻土 傘立て(trico)
  4. スマートフォン用電磁波防止シール WAVESAFE(ウェーブセーフ)
  5. ホールリーフ使用で人気の紅茶 ティーシェッド。
ブログランキング・にほんブログ村へ

アーカイブ

PAGE TOP