耳裏専用スポットバーム(ノカレ

30歳を過ぎたら対策必須の加齢臭、耳の裏もお忘れなく。

塗るだけで91%のニオイを除去。耳裏からの加齢臭を抑えてくれるスポットバーム。

気温も徐々に高くなるにつれ、ニオイの気になる季節のはじまりでもあります。
人間も30歳を過ぎると、いわゆる加齢臭との戦いが始まります。
自分では気がつかなくとも、周囲に嫌なニオイをまき散らさないためにもある程度の対策は必要です。

加齢臭対策が必要な箇所といえば、腋の下、首回り、足などを思い浮かべる方が多いようです。
しかし、忘れてはならないのが耳の裏。
耳の裏が要注意スポットであることをご存じない方も意外と多いというアンケート結果もあるほど。

実は、耳の裏からは、ノネナールという成分が発せられています。
このノネナールこそが、加齢臭の原因となっています。
場所が耳の裏であることから自分ではニオイに気づきにくいこと、
またシャツなどで覆われている部位ではないことからも、一層の注意が必要です。

では、耳裏の加齢臭スポットをどうやってケアするかということになります。
耳裏に塗ることでニオイを抑えてくれるのが、
ノカレから販売されている耳裏専用スポットバームという商品。
ニオイの元であるノネナールを91%減少させるという効果が第三者機関によって実証されています。


忘れがちな加齢臭スポット、耳裏の対策に。
「耳裏専用スポットバーム(ノカレ)」

Amazonで見る>>
楽天市場で見る>>
Yahoo!ショッピングで見る>>

使い方は簡単。耳裏の付け根に塗るだけ。

耳裏専用スポットバームは、耳裏に塗るだけと使い方も非常に簡単。
塗り易さを考え形状もリップクリームのよう。
これを耳の裏に2回程度、弧を描くように塗るだけ。
これで1回、3~4時間程度の効果が持続

主な成分としては、この手のニオイ対策によく使われているカキタンニンをはじめ、チャ葉エキス、炭・銀。
成分として配合されているメントールの香りが少々する程度で、基本的には誰にでも使いやすい無香料。

使用上の注意としては、元々耳の裏は汗をかきにくい場所ではありますが、
もし汗をかいていたら拭ってから塗布する程度。
もちろん、使用してみて肌荒れなどがあった場合には使用を中止するのは、この手の類の商品と同様。

忘れがちな耳裏の加齢臭対策として、通勤時や大切なデート、大切な商談前など、
時間や場所を問わず使うことができる耳裏専用スポットバーム。
カバンに入れておきたいアイテムの一つです。

※耳裏専用スポットバーム(ノカレ)
・内容量 5g
・成分 水、グリセリン、BG、PEG-12、ステアリン酸Na、ジメチコンコポリオール、メントキシプロパンジオール、メンチルエチルアミノシュウ酸、シリカ、炭、銀、カキタンニン、チャ葉エキス、l-メントール、フェノキシエタノール、グリチルレチン酸ステアリル
・パッケージサイズ 1.8×2×6.9cm
・生産 日本
・JANコード/ISBNコード:4580267148029


忘れがちな加齢臭スポット、耳裏の対策に。
「耳裏専用スポットバーム(ノカレ)」

Amazonで見る>>
楽天市場で見る>>
Yahoo!ショッピングで見る>>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事

  1. ミルクティーを作るなら、ぜひ牛乳で。
  2. 自由に成形できるプラスチック樹脂 プラフレンド
  3. 加湿器おすすめ、クレベリン LED搭載 kamomeハイブリッド式加湿器
  4. Wallet Ninja Multi-Tool
  5. イスラエルのデザインスタジオが制作する3D時計 マニフォールドクロック
ブログランキング・にほんブログ村へ

アーカイブ

PAGE TOP