挽き肉と作るなら家庭用ミンサー

挽き肉作りにはフードプロセッサーよりも、ミンサー。

肉を挽く調理道具、ミンサー。家庭用も販売されています。

ハンバーグやメンチカツ、炒めものなど、使い道の多いのが挽き肉。
もちろん、スーパーに行けば挽き肉が販売されていますが、
挽き加減や、合挽きの割合など自分で調節してみるというのは、
料理が好きな方にとってはちょっとした憧れ。

肉を挽くための道具となると、
多くの方が思い浮かべるのが、フードプロセッサー。
モーターを回転させることで、食材をカットし混ぜるもの。

確かに肉をカット、すり潰すことで、
挽き肉に近いものにはできますが、
厳密にいえば、挽き肉とは似て非なるもの。

肉を挽くための道具が、ミンサーというもの。
小さな穴から挽かれた肉がギューと出てくる所を
テレビなどで見たことのある方も多いと思いますが、あれです。

電動であったり、手動であったりの違いなどはありますが、
挽き肉を作るためには、このミンサーというのが必要になります。

このミンサー、フードプロセッサーと比べて、馴染みがあるとは言い難く。
どちらかというと、業務用というイメージ。
ところが、家庭用ともいえるコンパクトなサイズのものも販売されています。

電動式で簡単に肉が引ける、電動ミンサー。

一般の家庭でも使えるコンパクトサイズのミンサーで、
使いやすいのが、やはり電動式。
ミナト電気工業から販売されているのが、
電動ミンサー HMM-5 2種カットプレート付き、というのがそれ。


電動なので手早く挽き肉が作れる
「電動ミンサー HMM-5 2種カットプレート付き(ミナト)」

Amazonで見る>>
楽天市場で見る>>
Yahoo!ショッピングで見る>>

電動式だけあって、スイッチを押すだけで動作が開始されるもの。
材料を投入し、付属の押し棒で材料を押し込むという流れ。

挽き具合の調整は、細挽き、粗挽きと2種類から選べる。
また、挽いた肉をそのまま腸詰めにするためなどの、
アタッチメントも付属しているので、ソーセージ作りにも利用が可能。
分解・組み立てもさほど難しくなく、手入れも比較的簡単。

しっかりした構造と電動式による力強い動作のため、
挽いている途中に詰まりにくく、詰まってしまった場合のための、
逆回転モードなども搭載されているので、その点も安心。

※電動ミンサー HMM-5 2種カットプレート付き(ミナト)
・サイズ 約16×28.5×35cm
・重量 約3.2kg
・デザイン 2種(ブルー、ホワイト)
・電圧 単相100V(50/60Hz)
・消費電力 250W
・最大処理能力 肉類:約2kg/3分
・定格時間 15分(15分以上の連続運転をしないこと)
・付属カットプレート 4mm/8mm
・食洗機 使用不可
・JANコード/ISBNコード:4562381290969

比較的安価なのが手動式のミンサー。

電動式に比べて比較的安価なのが、手動式のミンサー。
ハンドルをグルグル回すことによって、肉が挽くもの。
貝印 ヘルシーミンサー DK-0580などがそれに当たります。


コンパクトサイズで使う場所を選ばない
「貝印 ヘルシーミンサー DK-0580」

Amazonで見る>>
楽天市場で見る>>
Yahoo!ショッピングで見る>>

電動式に比べて、サイズも一回り小さく、置き場所にも困らない。
また、コンセントなどのコード類もないので、
作業スペースが限定されない点も便利。

ただし、電動式に比べて、多少目詰まりしやいなどはあるようなので、
挽く素材や使用用途、使用頻度に応じて、電動か手動かを選択するのがよいかも。

いずれにしても、多少の手間はかかるものの、
好みの挽き肉を作ることができれば、料理の幅も広がり、
また、肉だけではなく魚に使えばつみれなども作ることができます。
ミンサー、料理好きな方におすすめです。

※ヘルシーミンサー DK0580(貝印)
・商品サイズ 12.3×27×22.4cm
・重量 1049g
・材質 本体・キャップ・ハンドル:ABS樹脂/スクリュー:ポリアセタール/ディスク(細目・荒目)・カッター:ステンレス刃物鋼
・JANコード/ISBNコード:4901601405033

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事

  1. 腋汗の多い方におすすめ
  2. ワインを衝撃から守る、ワインクレードル(Wine Cradle)
  3. ダイヤ スキマステッキ(ダイヤコーポレーション)
  4. ギターにペイントにするなら、このアートペン。
  5. コンセントタップ 差し込みフリータップ
ブログランキング・にほんブログ村へ

アーカイブ

PAGE TOP