ペットボトルつぶし 吸いまっせ!

ペットボトル、回収前に小さくしておくのに便利なアイテム。

ペットボトルを潰すためのグッズ、と聞いて思い浮かべるのは、どちらかというと床に置いてペットボトルを挟んで、足でプレスするタイプ。以前に、当サイトでもご紹介したこともあります。

今回は、同じようなペットボトル潰しのアイテムですが、足ではなく、手を使うタイプ。足を使うよりも、手軽に使えるようで、人気になっています。

かさ張るペットボトルを、手動でつぶせる「ペットボトルつぶし 吸いまっせ!」。

特に夏などは次から次へと水分補給をすることもあり、ペットボトルの回収日まではどんどん溜まっていく一方。

ペットボトルには様々なサイズがありますが、500mlのペットボトルさえ、ゴミとして考えると容量が大きく、回収日が週一回であれば、ゴミ箱は膨れ上がる一方。

そこで、誰しも思うのが、空いたペットボトルを簡単に圧縮できないか、ということですが、それを簡単に実現できるのが、ペットボトルつぶし 吸いまっせ! という商品。

ペットボトルつぶし 吸いまっせ! の大きな特徴は、これまでのペットボトル潰しの主流が足で踏むタイプであったところを、手でペットボトルを圧縮するタイプであること。

手動であるため、ペットボトルが空になった際に、その都度できるという手軽さで人気になっているようです。

原理としては、中の空気を抜くことでペットボトルを小さくするもので、潰すというより、圧縮するもの。一般的なペットボトルであれば、約1/4のサイズにまで小さくできるので、空のペットボトルで溢れかえっていたゴミ箱もスッキリさせることができます。

工夫された設計で力要らず、女性の方にも使いやすい。

ペットボトルつぶし 吸いまっせ!は、本体先端部分にある吸い込み口をペットボトルにセット。あとは、レバーを前後に動かすだけで、中の空気が抜けて圧縮されます。

レバー部分は握り易さを考えたボール形状。さほど力を入れる必要がない設計に、さらに持ちやすさ、使いやすさが加わり、女性やお子さん、年配の方まで楽に使えるというのが特徴。

ペットボトルにはめ込む先端部分は、エラストマーというゴムのような弾力のある素材を使用。そのため、現在市販されているペットボトルであれば、ほとんどのサイズが使えるのも嬉しいところ。

年齢・性別を問わず、非常に使いやすい、ペットボトルつぶし 吸いまっせ!ですが、注意すべきは、真空器、真空ポンプではないということ。

そのため、ペットボトルによっては、作業後空気が戻るものもあるので、その場合はペットボトルのフタをそのまましておくことが必要。

とはいえ、足で踏んで潰すタイプよりも、非常にコンパクトで置き場所に困らず、誰でも手軽にペットボトルを潰せる、非常に便利なグッズ。ペットボトルの回収日まではこれで乗り切れます。

ペットボトルつぶし 吸いまっせ! 圧縮 YR-001SU
・本体サイズ 約φ5.5×29cm(ハンドレバー伸長時:約φ5.5×42.5cm)
・本体重量 約150g
・材質 本体・ハンドレバー:ポリプロピレン/吸込み:エラストマー
・適応サイズ 市販のペットボトルの全サイズ(※一部対応できないペットボトル有り)
・JANコード/ISBNコード:4510289404209

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事

  1. 性病検査を知られずに受ける。
  2. マルチツール SWISSTECH(スイステック)のユーティリキー 6-in-1
  3. 三菱電機 パーソナル保湿器 SH-JX1
  4. ドライバーやレンチをいつでもどこでも使えるカード。
  5. 玄関ドアに貼り付けておける鍵や小物入れ。
ブログランキング・にほんブログ村へ
PAGE TOP